気まぐれ日記 2017年12月

2017/12/11 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (12月06日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
今週も、 「 うどんにコシは必要ないと思います 」 のあとは 「 欲望 」 で、
・ 本物の「銀座の超高級クラブ」で豪遊したらいくら払うことになる? (ロッチ中岡)
・ ここからやらせて 最後の1球だけ投げてパーフェクトゲーム (Wエンジン・チャンカワイ)
・ 漫画に登場するお寿司を再現して食べたい! (スピードワゴン小沢)
・ 全力坂を一緒に走りたい! (スリムクラブ内間)
を流したのだが、中岡は 「 豪遊 」 したわけではないし、ボウリングは以前の「ぷよぷよ」や「トランプタワー」と同様最後だけやることの何が面白いのか理解できない上にチャンカワイは4度とも失敗しているし、小沢は見る気が無い。
ということで、最初のトークと最後の 「 全力坂 」 の10分間くらいしか見る所が無かった。

2017/12/10 ()
『高専ロボコン2017・地区大会』 (11月29日(水)〜30日(木)深夜 NHK総合)
「高専ロボコン」の、地区大会の残り 「 近畿、九州沖縄、北海道 」 を見た。
こちらでも、矢を放ったチームは結構あったが、6個割った(熊本A)のは別格で、多くはまともに動かなかった。
あと、2台のロボットで自陣を守っている(攻撃しないから絶対に勝てない)チームは、何を考えているんだろうね。
そして、 「 北海道地区大会 」 は今回もレベルが低かった。
特に 「 近畿、九州沖縄 」 に続けて見ると動きがスローモーで、 「 近畿 」 の17秒(舞鶴A)や 「 九州沖縄 」 の14秒(大分A)を見た後では、 「 なんと、開始からわずか55秒で 」 というナレーションには、苦笑しか浮かばない。
おまけに、試合だけで無く撮影の方も同様で、他の地区では基本的に試合自体は全部見せてくれたのに、ここでは「10-6」から 「 さらに、攻撃の手を緩めません 」 というナレーションのあと、絵が切り替わったらすでに「10ー3」。
紹介ブイより、試合の実況中継の方に力を入れてくれよ。

2017/12/09 ()
『宇宙軍士官学校 −攻勢偵察部隊(フォース・リーコン) − 2/鷹見一幸』
ついに粛清者の支配する星域に侵入、予想通り敵に追いかけ回されているうちに今巻は終了。
それは予想されていたことだが、問題は、一度も 「 宇宙軍士官学校 」 が出てこなかったこと。
タイトルに偽りあり、というより、息を抜くところが欲しいんだよな。
手帳
私は、大きさや内容(月ごとのスケジュール十数ページ以外の百ページ近くはメモ欄)から1年間使う手帳を決めているのだが、これがあまり置かれて無いから、毎年、年末になると探し回ることになる。
ところが、今年はついに見つからず、これ以上探し回る気にならなかったのでAmazonに注文したのだが、いくら本体価格が安いといっても、送料が本体価格に近い事には少々抵抗があったな。

2017/12/08 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』  (12月03日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第10シーズン第2戦 1回戦 Bグループは、 小泉奈津美、遠藤未菜、山田幸、の対戦。
小泉 : 208 ストライク5(ダブル×1)
遠藤 : 186 ストライク3、オープン1(ミス)
山田 : 167 ストライク3(ダブル×1)、オープン3(すべてスプリット)

遠藤は、1フレで7番ピンをミス(横を通過)し、その後もストライクが続かず。
山田は、6フレまでトップ、7フレのスプリットはカバーしたものの、その後もスプリットは続き、10フレをパンチアウトなら2位だったのにそこでもスプリット、なんと4連続でスプリットを出してしまった。
  7フレ:2、4、10 (カバー)、8フレ:2、7、8 (8番がとれず)、9フレ:4、6、7、10 (2本だけ)、10フレ:3、10 (3番だけ)
第10シーズン第2戦 1回戦 Cグループは、 酒井美佳、姫路麗、キム・スルギ、の対戦。
酒井 : 206 ストライク5(ターキー)、オープン1(ミス)
姫路 : 190 ストライク4(ターキー)、オープン3(すべてスプリット)
キム : 212 ストライク5(ターキー)

姫路は、3フレ(7、10)、6フレ(7、9)、10フレ(4、6、7)、と魅入られたかのように並行ピンのスプリット。
酒井も、7フレで4番ピンをミス(横を通過)
だがそこはベテラン、9フレ終了時点で、10フレを全員パンチアウトなら「217、204、222」までキムを追い込み、10フレ1投目も2人はストライクを続けたが、2投目で酒井は9本、姫路も上記スプリット。
結局、それぞれただ1人ノーミスだった小泉とキムが勝った。

2017/12/07 (木)
『正しくお参り!バッチリ開運! やしろツアーズ4 』 (12月03日(日)16:05〜17:25 フジ系)
<春日大社> 持田香織、森尾由美、渡辺えり
水炊きをかけた復習テスト 「 2000基の石灯籠全てが灯されることを何と言う? 」(万灯籠) に、持田は前回の厳島神社で広島牛を食べられない辛さを味わっているからぬかりなくメモっていて正解したが、初参加の2人は不正解。
ちなみに、淳は灯籠の前で 「 こんな感じで火が灯されます。 お灯明を灯すんですよ 」 まで言ったあと、3人がそれをメモっている時に歩き出して 「 万灯籠と言います 」 と追加したのだが、最後尾の持田だけがメモっていた。
<上賀茂神社・下鴨神社> 井森美幸、持田香織、森尾由美、渡辺えり
井森美幸が加わり、黒毛和牛のステーキをかけた復習テスト 「 賀茂別雷大神の母を祀る摂社の正式名称と祀られている母の名前は? 」(片山御子神社(片岡社)、玉依媛命) は全員正解したが、このとき(ロケ中)は4人を前に淳がきちんと説明していたし、4人もちゃんとメモを取っていたように見えた。
<明治神宮> 小倉優子、高橋ひとみ、渡辺満里奈
3人とも初参加なだけにどこが重要か(問題にされるか)要領がわからなかったようで、牛タンのしゃぶしゃぶをかけた復習テスト 「 「南神門」の手前に建つ「第三鳥居」の正式名称は何でしょうか? 」(南玉垣鳥居) は全員不正解だったが、この時も、淳が鳥居の前で言った 「 第三鳥居です。 去年の10月に立て替えられたばかりという 」 を3人が立ち止まったままメモっている間に淳が歩きながら 「 南玉垣鳥居ですね 」 と追加したから、 「 正解は「南玉垣鳥居」 」(淳) と言われても 「 聞いたことない。 初耳だよね? 初耳! 」(ひとみ) 「 ホントに言いました?  淳さ〜ん! 」(優子)。

2017/12/06 (水)
『宇宙戦隊キュウレンジャー』 (日曜 09:30〜10:00 テレ朝系)
第40話 「開幕!地獄のデースボール」
ジャークマターの本拠地を守るバリアを破るために必要な4つのキュータマも、残るはカシオペアキュータマだけ。 カシオペア座系の惑星SBCにやってきたキュウレンジャーに、カローのグローブンからデスマッチ野球“デースボール”の勝負を申し込まれる。 ラッキーたちはカシオペアキュータマを手に入れるため勝負を受けて立つが、スパーダだけは浮かない顔。

いきなりスコアボードが映し出され、3点ビハインドの9回裏二死満塁、という状況から打席のスパーダが空振りしたところで回想が始まり、1回裏にスティンガーが暴行の濡れ衣をきせられ退場となりスパーダに、4回にはラッキーが敵の暴行により負傷した影響でツルギに交代、9回表に本性を現した敵がデースボールで逆転、という経緯がわかる。
そして冒頭のシーンに戻り、グローブンのザコ扱いに切れたスパーダが空振りして2ストライク、というところで、
  ショウ : タイム!  今日のところはここまでにしないかい?  こう暗くなってはたまらん
  グローブン : ハ〜ッハッハ、良いだろう。 明日になっても結果は変わらん。 あんな役立たずが相手じゃなあ。

挑戦状を叩きつけたりショウのこの申し入れをアッサリ了解するあたり、グローブンも良いヤツじゃないか。
翌日再開された打席では、スパーダが鼻(角)でグローブンの魔球を打ち返して、逆転サヨナラ勝ち。
前夜に特訓をやったが、手伝ったのが野球を知らなかったラッキーだから、バットの使い方が教われなかったのかも。
ともかく、 「 地獄のデースボール 」 というタイトルから予想したとおり、野球マンガのパロディのオンパレードで、最後にはゴレンジャーハリケーンのパロディまで見せてくれたから、文句の付けようが無いくらい楽しめた。

2017/12/05 (火)
『タモリ倶楽部』 (12月02日(土)25:01〜25:32 メ〜テレ)
「柿の木坂 探訪シリーズ インテリア専門学校ICS編 中古ハコウマリペア大作戦」
ハコウマ。 テレビのスタジオ収録では、セットの高さを調節するのに使う業界必須アイテム。 10年前、当番組ではオリジナルハコウマを作成。 が、あろうことかタモリの作ったハコウマは紛失。 一方、マギー作のハコウマは日々の過酷な使用により激しく劣化。 今回は、これを新品同様にリペアします。 挑戦するのは、ドラマ等で若干ハコウマに触れあっているイケメン俳優・賀来賢人。 大工見習いだった経験からものづくりは得意なユージ。 今回力を借りるのは、柿の木坂にある専門学校・ICSカレッジオブアーツ。 ここは、50年の歴史を持つ日本初のインテリアデザイン専門学校。 建築、インテリア、家具のスペシャリストを養成すべく、ハイレベルなリペア技術も教えているこの学校に、今夜、緊急入校します。
ゲスト : マギー、賀来賢人、ユージ、専門学校 : 野村政嗣(リペアの先生)、田村栄敏(インテリアマイスター科の先生)

みんなが教わりながら削れた角や凹んだ部分にパテを盛ったあと、野村先生が下地作り(ヤスリ掛け)。
その間に、仕上げの参考にするため、予め田村先生の生徒に頼んでリペアしてあったハコウマを見る。
【塗装仕上げ】(スプレーガンで塗装) 佐野脩斗
  ユージ : 正直作り直した方が楽だった?
  佐野 : そうっすね〜。

【ダイノックフィルム】(フィルムを貼る) 前田つぐみ
【ツキ板貼り】(本物の木を薄くスライスしたものを貼る) 渡邉公平
  賀来 : いや、こんなのが現場にあったら……。
  タモリ : これ、使えないよね、これねえ。
  賀来 : なかなか汚したくないですよねえ。
  ナレ : しかし今回は、野村先生のオススメで、リペアしがいのあるツキ板仕上げにトライすることに。

ところが、ツキ板を貼り付け、タモリがスプレー塗料で自分の名前を入れたところで時間切れとなり、ナレーションで、
  時間の都合上、作業はここで終了。 後日、野村先生と田村先生にキッチリ仕上げてもらいました。 それがこちら。
  まるで高級家具のように、重厚なハコウマに生まれ変わりました。 今後10年、またガンガン使わせていただきます。

ちなみに、10年前のタイトルは 「 視聴者の知らないものシリーズ(1) テレビ業界の屋台骨「箱馬」を作ろう! 」 だった。

2017/12/04 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (11月29日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
オーラがある人とない人の違いってどこなんでしょうか?
冒頭にこのメールを取り上げたあとは、 「 寿司の欲望SP 」 と題して、
・ 「最高の選抜1人前」が食べてみたい! (アンジャッシュ渡部が厳選したラインナップをADが食べる)
・ 銀座九兵衛を自宅に呼んでみたい! (ガンバレルーヤ)
・ 寿司屋のこだわりのガリを存分に食べたい! (久保田磨希)

を流したのだが、最初のは他番組でよく見るありきたりで何のひねりも無い映像だからスタッフのレベルの低下しか感じないし、次のガンバレルーヤは見る気にならないし、ひたすらガリを食べるという企画は多少工夫を感じられたがそれだけ。
というわけで、前回は11分半だったが、今回は6分半(最初のテーマ)しか見るところはなかった。

2017/12/03 ()
『高専ロボコン2017・地区大会』 (11月28日(月)〜29日(火)深夜 NHK総合)
先週予約した「高専ロボコン」のうち、 「 中国地区、東海北陸地区、東北地区 」 大会を見た。
今回の課題は、本陣に10個、ロボット2体(攻・守)にそれぞれ5個付いた風船をどちらが早く割るか。
本陣の10個が割られたらもちろん負けだし、それぞれのロボットは風船を全部割られた時点で動けなくなる(禁止される)のでそちらを10個割られても負け、ということで、先制攻撃と見映えから 「 試合開始直後に大量の矢を放って相手本陣の風船を割ってしまう 」 という手段を採用したチームが結構あったが、これがことごとく失敗していたな。
もちろん、観客席に飛び込むとその時点で失格になるし、万一の事故を防ぐため矢の材質や重さには制限があるのだろうが、それにしても、届かないのはまだしも、相手の本陣を越えて応援席に飛び込んで失格ってのはなあ。
ナレーションは 「 練習で起きたことがなかったアクシデント 」 と言っていたが、本番だと客が入るから空調の強さや風の流れが変わるのに、そこまで考えが及ばず軽い矢(ストロー製)を採用したため、その影響をまともに受けたのではなかろうか。
さらに、矢の発射装置を搭載した方のロボットが動かなかったのが2校、試合前のセッティング中に誤発射(全ての矢を客席に発射)して矢の回収が間に合わず一方的に攻められて負けたのが1校あったが、矢が思った方向に飛ばず不眠不休で調整していた責任者が試合当日寝過ごして2時間遅刻(試合開始には間に合ったが完敗)、に比べればまだマシか。

2017/12/02 ()
『くりぃむクイズ ミラクル9 』  第180回 (11月29日(水)20:00〜20:54 メ〜テレ)
【MC】 上田晋也、久冨慶子、 【才色兼備ナイン】 有田哲平、阿部桃子、入山杏奈(AKB48)、中田喜子、具志堅用高、斎藤司(トレンディエンジェル)、佐藤エリ(モデル)、高橋茂雄、宮崎美子、 【フィギュアナイン】 織田信成、佐野稔、村上佳菜子、飯島寛騎(仮面ライダーエグゼイド)、えなりかずき、大家志津香、カズレーザー、武井壮、吉村崇、

昭和の写真クイズ 」 は正解者数が「3-2」で、「10-0」。
正解(兵庫県)したのは、斎藤、橋、宮崎、織田、カズ。
どっちか答えてクイズ 」 は、佐藤、橋、中田、佐野、村上が間違えて、「20-20」。
日本地図の県庁所在地 」 で佐藤が仙台市を青森市、橋が高松市を香川市、中田は無回答。
世界地図の国名 」 でヨーロッパ本土のスペインかオーストリアかを佐野がイギリス、村上がイタリア。
身近な2択 多数派どっち 」 は、織田ナインが1問間違って、「60-40」。
正解で10ポイント不正解で−10ポイント、1回だけ2倍チャレンジが使える。
早押しミックス 」(1ビンゴで終了) は織田ナインがビンゴを決めて、「60-50」。
自分イケますけど! 」 は「9-7」(村上と織田以外)が挑戦したが正解者数は「5-4」で、「70-60」。
楽譜のドレミ 英語 ドイツ語 イタリア語 どれ? 」(イタリア語)
織田ナインは、えなり、カズ、吉村、大家と、先に押した4人が正解。
有田ナインは、入山、阿部、中田、の順(あとは不明)でボタンを押したが、3人とも不正解。
斎藤、具志堅、橋、宮崎、佐藤、が正解。
ただし佐藤は、上田が 「 それではお書き下さい 」 と言った直後に目だけを宮崎の方に向けているのが数秒間映されていた。
60秒早抜け100万円クイズ 」 は、具志堅と佐藤がクリア出来ず。
有田3、パス6、斎藤5、パス5、橋3、パス10、パス5、入山3、宮崎4、中田5、阿部5、具志堅不正解時間切れ
佐藤が号泣しだしたので上田が 「 いや具志堅さんもクリアしてないし 」 と言ったら、 「 あ、そうか! 」。

2017/12/01 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (11月26日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第10シーズン第2戦 1回戦Aグループは、 鶴井亜南、岩見彩乃、渡辺けあき、の対戦。
  鶴井 : 196 ストライク5
  岩見 : 205 ストライク6(ダブル×1)
  渡辺 : 185 ストライク6(ダブル×1)、オープン2(ミス)

2フレで、岩見が「6・8・10」のスプリットを取ったのだが、
  解説(丸山高史プロ) : 過去14回スプリットあって1回もとれませんでしたからね、ようやく初めてスプリットをとりましたね。

渡辺は、それを見て焦ったわけではないだろうが7番ピンをミス、9フレでも「2・4・5」で5番ピンが取れず。
鶴井と岩見は9フレスペアで、10フレは、鶴井がスペアとしたのに対して、岩見は「2・4・6・10」のスプリット。
鶴井はストライクで196、渡辺もパンチアウトなら195になるので、岩見はこれをカバーできなければ(3本でも194)負けどころか3位(次回出場停止)もあり得るのだが、その追い込まれた状況でスペアにして、3大会連続の準決勝進出を決めた。
  解説(丸山) : 今までスプリット1回も取ってこなかったプレーヤーがですよ?

岩見は、2度のスプリットメイクはもちろんだが、苦手の7番ピンをGBUで2度スペアにしたのも大きかったな。
GBU : GYAKU BACK UP (逆バックアップ)
解説(矢野金太プロ) : まあ、普通のフックボールなんですけどね。
岩見 : 右利きでなんと右利きっぽい投球をするっていう、すごい技なんです。

元々岩見は、フックボールをどれだけ練習しても球道が安定しなかったのでバックアップ投法にしたのだが、7番ピンを取るためだけに特化した練習の成果か、そのあたりに投げられるようになってきたようだ。