気まぐれ日記 2018年02月

2018/02/19 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (02月14日(水) 23:25〜24:25 テレ朝系)
欲望その一 超一流のバックコーラスを従えて歌い上げたい
高尾直樹(鈴木雅之など)、加藤いづみ(吉田拓郎、小田和正など)、YURI(久保田利伸、AIなど)、オリビア・バレール(JUJU、絢香など)、という超一流歌手のバックコーラスを従え、歌を聞かせるからと「MUSIC STSATION」のスタッフを使って、浜口京子が歌う 「 ハピネス/AI 」 を収録したのだが、
  有吉 : あのぉ…コーラスだけで音聞かせてくんねぇかな。
  マツコ : ホントに!
欲望その二 サンバの衣装を隅々までまじまじ見たい
興味はあったのだが、ガンバレルーヤを飛ばしていたら、見られたのは最後の、スタジオにサンバダンサーが登場し、背中と頭部の飾りを装着させてもらった久保田アナがサンバのステップを踏んだシーンだけだった。
里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる  (将棋)
将棋の棋士養成機関「奨励会」の第62回三段リーグ15、16回戦が18日、東京と大阪の将棋会館で一斉に行われ、女性初の棋士を目指していた里見香奈三段(25)は連敗で7勝9敗となり、残り2局に勝っても勝ち越すことができないため、年齢制限で退会が決まった。 奨励会を突破しプロ棋士になる道は断たれたが、プロ編入試験の道は残されている。

2015年10月から三段リーグに参戦していたが、無理だったかぁ……。
ところで、 「 女性の参加者は西山朋佳三段(22)だけとなる 」 とあるが、同い年の加藤桃子は辞めてしまったんだろうか。

2018/02/18 ()
『くりぃむクイズ ミラクル9 』  第185回 「年の差クイズSP」 (02月14日(水)20:00〜20:54 メ〜テレ)
【ルーキーナイン】 有田哲平、岸洋佑(宇宙戦隊・スティンガー)、鈴木ゆま(振付師)、須藤凜々花(元NMB48)、DAIGO、徳永ゆうき(演歌歌手)、大家志津香、カズレーザー、斎藤司、 【ベテランナイン】 武田鉄矢、泉谷しげる、ミッツ・マングローブ、黒田知永子、えなりかずき、具志堅用高、高橋茂雄、宮崎美子、吉村崇、

昭和の写真クイズ 」 は「1-1」で、「10-10」。
1 vs 1 義務教育早押しクイズ 」 は武田ナインが全滅して、「30-10」。
須藤、岸、鈴木、泉谷、えなり、大家、具志堅、黒田、橋、武田、DAIGO、吉村、斎藤、ミッツ、宮崎、の順に脱落。
武田ナインは、宮崎が3勝(岸、DAIGO、斎藤)、ミッツが2勝(鈴木、徳永)、武田(須藤)と吉村(大家)が1勝。
年の差キーワードクイズ 」 は「2-1」で、「50-20」。
キーワードから連想して貰ったアンケート結果上位のワードを見せて、元のワードを答える。
正解を早く書いた上位3人の中に、2人以上いた方に10ポイント。
自分イケますけど! 」 はカズと武田ナイン全員が挑戦したが正解したのは「1-6」で、「60-50」。
北極や南極で見られる自然現象「氷山」「流氷」、解けると真水になるのはどっち? 」(氷山)
正解したのは、カズ、具志堅、橋、武田、宮崎、黒田、ミッツ
60秒早抜け100万円クイズ 」 は有田がテンパったみたいで、結局時間切れ。
カズ4、斎藤4、パス4、岸9、大家4、鈴木5、徳永9、パス3、パス5、パス7、
上田 : これ、初めての 「 有田さんクリアならず 」 っていうパターン、あるかも。
ナレ : 有田大苦戦!  これまでトータル81回挑戦してきた100万円クイズ。 初めて正解できずに終わってしまうのか!?

有田3、DAIGO2、須藤不正解時間切れ
残り3人で6秒しか無いのに、有田は絵まで付いた 「 18世紀後半〜イギリス 技術革新による大変革 ??革命 」(産業革命) を答えるのに3秒も使っていたが、インフルエンザの影響が残っていたのかな?

2018/02/17 ()
平昌五輪男子フィギュア 羽生結弦金、宇野昌磨銀
これだけは見たが、圧巻の演技より、演技が終わった後の雄叫びと 「 俺はやったんだ! 」 と自分に言い聞かせているかのようなポーズが印象的だった。
それにしても、 「 羽生結弦の金が冬季五輪の1000個目の金メダルに 」 ってあたり、持っているんだな。
第11回朝日杯オープン 藤井聡太五段が史上最年少で公式戦初制覇 六段昇格  (将棋)
こっちの羽生は、準決勝で負けてしまったんだな。
それにしても、 2月1日に昇段した と思ったら、五段はわずか16日間だけで、六段かぁ……。
というか、C級1組昇級より公式戦初制覇の方が早かったら、五段止まりだったんだよな。

2018/02/16 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (02月11日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第10シーズン第3戦 1回戦 Dグループは、大石奈緒、キム・スルギ、名和秋、の対戦。
  大石 : 181 ストライク4、オープン1(スプリット)
  キム : 237 ストライク8(ダブル×1、ターキー×2)
  名和 : 180 ストライク1、オープン1(スプリット)

キムは、調子の良い時のキムで、ストライクラッシュで圧勝した。
大石は、ストライク数で名和と差があるが、連続ではないため、10フレ3投目を名和がストライクなら最下位だった。
ただし、シーズン第3戦なので最下位になったとしても、即「次戦出場停止」ではない。
※ 次戦は第11シーズンになり、改めて6ショットチャレンジで出場者を決める。
15:鈴木亜季(進出確定)、13:大嶋有香(終了)、12:岩見彩乃、8:浅田梨奈、6:小林よしみ、キム・スルギ、2:遠藤未菜
小林よしみとキム・スルギは、連勝で優勝すれば14ポイント、準優勝かワイルドカードから優勝だと12ポイントだが、岩見彩乃より試合数が少ないので、ポイントで並んだだけだと、得点で負けて決定戦に進めない可能性が高い。

2018/02/15 (木)
『日曜もアメトーーク!』  (02月11日(日)18:57〜20:54 テレ朝系)
iphoneついていけない芸人
ついていけない芸人 : 博多華丸、井森美幸、藤井隆、中川家・礼二、ココリコ遠藤、友近、FUJIWARA藤本
詳しい芸人 : かじがや卓哉、サバンナ高橋、ゲスト : 瀧本美織

「LOVEガラケー芸人」(2017/03/02)に出ていたココリコ遠藤は 「 12月の頭にガラケーが壊れてしまいまして、泣く泣くiPhoneに 」 、蛍原に至っては 「 数時間前に買ってきました 」 で始まったのだが、中身は「iPhone使いこなせない芸人」(2015/01/29、2016/11/20)の劣化版で、その時と同じ質問を繰り返したのは視聴者のためと解釈できても、かじがやが説明しているとき勝手に隣と喋り続けておいて、その操作をやる段になってから聞き直すのがなあ……。
ビックリ機能21連発 」 にしても、関係ない(使う気のない)者にとっては、「iPhone使いこなせない芸人」(2016/11/20)の時に見せてくれた 「 『アメトーーク』のセット組み立て 」 のタイムラプス映像ほどの驚きは無かったし。
今年が大事芸人2018
とろサーモン、かまいたち、尼神インター、カミナリ、ゆりやんレトリィバァ、銀シャリ + 千鳥
とろサーモンと銀シャリは「M-1」王者、かまいたちは「キングオブコント」王者、ゆりやんは「THE W」王者だが、こうやって一緒に出ると、千鳥のトーク能力はレベルが違うというのがよくわかるな。

2018/02/14 (水)
『快盗戦隊ルパンレンジャー vs 警察戦隊パトレンジャー』 (日曜 09:30〜10:00 テレ朝系)
第 1話 「世間を騒がす快盗さ」
夜野魁利、宵町透真、早見初美花は、大快盗アルセーヌ・ルパンが集めた不思議な宝物“ルパンコレクション”を取り戻すため異世界犯罪者集団ギャングラーと戦う快盗戦隊ルパンレンジャー。 彼らの次のターゲットは、宝石を盗んだ後、店を炎で焼き払う連続宝石強盗犯ガラット・ナーゴが手にするコレクションだ。 一方、国際特別警察の朝加圭一郎、陽川咲也、明神つかさはギャングラーから人々を守り、ルパンコレクションを押収する任務を負っていたが、ルパンレンジャーに出し抜かれてばかりで…

予告を見た時 「 ネタ切れ感しかしないのだが…… 」 と書いたが、予想の更に下をいっていた。
『戦隊』は熱血で、格好付けてスカすキャラは『仮面ライダー』と、住み分けていたんじゃないのか?
やってることは間抜けとしか言いようが無いし、怪盗・警察・怪人の対峙シーンだけでなくそれぞれの本拠地のエピソードも入れるから話がワチャワチャして、理解できないというより、理解しようと努力する気にすらならない。
おまけに、名乗りのカットや音楽はアニメ『ルパン三世』そのままだし、くり返し諭吉(万札)が舞う演出も逆に安っぽいし、演者にしても、演技や発声はそのうち上達する可能性もあるが、役者自身にカッコ良さが欠片も感じられないし……。
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の途中から見続けてきたが、もう少し見て、変わらないようならこちらもヤメだな。

2018/02/13 (火)
ドラマスペシャル『眠狂四郎 The Final』 2月17日(土)21時からフジ系列で放送
『ネプリーグ』を見ていたら告知があったので、慌てて録画予約をした。
この作品は、昨年6月にここで触れたことがあるが、その時点で 「 撮影は2017年春からおよそ1カ月かけ京都の太秦で行われた 」 つまり撮影済みだっただけに、最近その書き込みを見て 「 そういえば見た記憶が無いが、また気付かずに見逃したのかなぁ…… 」 と思っていたところだったのだが、まだ放送はされてなかったんだな。
ただし、今回公表された概要をみると、原作のドラマ化ではなく二次創作と思って見た方が精神衛生上良さそうだが。

2018/02/12 (月) (振替休日)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (02月07日(水) 23:30〜24:30 テレ朝系)
欲望その一 No.1キャバ嬢の顔をガンガン見て飯尾No.1を決めたい!
前々回の 「 愛知県の欲望その一 名古屋が誇るNo.1キャバ嬢の顔を見まくりたい 」 の二番煎じだが、内容より、千葉なのに北海道かと思うくらいの雪の中でロケ、というのが笑いどころだ。 (先月の首都圏が大雪だった日にロケ)
欲望その三 ここからやらせて パー4のゴルフコースでイーグルパット
箱根園ゴルフ場の1番ホール(PAR4 260ヤード)で、ドラコンプロがグリーンに乗せてくれたボールでえなりがイーグルパットに挑戦したのだが、小雨交じりの風の強い日で、ドラコンプロはグリーンに乗せるのに悪戦苦闘。
38打目でようやく乗ったが、えなりは約10mのパットをショート(1mくらい手前で止まった)。
52打目(開始から1時間16分)の約4mは、カップの左20cmくらいを通過。
この頃、雨が雪に変わって、グリーンも白っぽくなってきた。
62打目(1時間53分)の約4mを、強めに打ってカップイン、ようやくイーグルパットに成功した。
  有吉 : さすがだね。
  マツコ : さすがだわ。
  有吉 : 緊張しらず。 なんの心配も無かったもん。 決めるぞ!って思ったもん。
  マツコ : だって、2回目はわざと外してるでしょ?

有吉は1回目から 「 わざと外した 」 と言っていたが、撮れ高(使える尺)を考えると、その可能性は否定できない。

2018/02/11 () (建国記念の日)
迷惑メール・架空請求・不当請求
有料動画の未納料金が発生しています。
本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。
アマゾン(株)受付センター 03-XXXX-XXXX

何日も後の充電の際に気付いた時、 「 アマゾン(株) 」 というのが気になって一応ネットで調べてみたところ、今年1月30日の時点で、文面も電話番号も全く同じメールが 「 危険な業者の情報 」 として、ブログで紹介されていた。

私は、メールの受信と電話以外でケータイを使わないし、この手のメールは昔からネットでお馴染みだから、すぐに架空請求と確信したのだが、その経験が無い、あるいは 「 もしかして誤ってクリックしてしまったかも 」 と心当たりのある人は引っかかってしまうかもしれない、と考え、余計なお世話かもしれないが、ここに書いておくことにした。

2018/02/10 ()
『独占緊急特報!! 貴乃花親方105日沈黙破りすべてを語る』 (02月07日(水) 19:00〜20:54 テレ朝系)
『ミラクル9』を見ようと思ったら、録画されていたのがこれだったので録画は見ずに消去したのだが、視聴率が 13.6% その前週放送の『ミラクル9』 (視聴率11.8%)とさほどの差が無かったのは、制作側の期待外れだったんじゃないか?
ちなみに、『ミラクル9』の公式サイトを見たら、次週(2月14日)は武田鉄矢キャプテンで、この日放送予定だった石原良純キャプテンの回は 「 後日放送いたします 」 となっていたのだが、武田キャプテンの回で特に番宣がありそうな出演者は見当たらないから、順にずらすことができない理由が他にあるのかな?

2018/02/09 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (02月04日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第10シーズン第3戦 1回戦 Cグループは、大嶋有香、小池沙紀、鈴木亜季、の対戦。
  大嶋 : 184 ストライク3、オープン1(スプリット)
  小池 : 183 ストライク5(ダブル×1)、オープン2(ミス、スプリット)
  鈴木 : 247 ストライク8(ダブル×2、4連続)

1フレで小池が「3,6,10」で3番を取れず。
3フレで大嶋が「4,6,10」(平行ピンのスプリット)を出したと思ったら、小池も「4,7,10」のスプリット。
(大嶋は4番が取れず、小池は4番の左に薄く当てようと挑戦したが7番だけしか取れず)
結局、ノーミスの上にストライク数も多い鈴木亜季の順当勝ちに終わったのだが、鈴木は前回まで3大会連続で決勝に進出しているものの、そのうち2回はワイルドカードなだけに、4大会連続決勝進出! となるかどうか……。
ちなみにポイント争いの方は、トップ同士のつぶし合いに勝った鈴木が、チャンピオン決定戦の出場を確定した。
15:鈴木亜季、13:大嶋有香(終了)、12:岩見彩乃、8:浅田梨奈、6:小林よしみ、3:キム・スルギ、2:名和秋、遠藤未菜
岩見と浅田以外は連勝で優勝しても最大14ポイントなので、15ポイントの鈴木亜はチャンピオン決定戦出場が確定。

2018/02/08 (木)
『東京のイイとこみんな教えて! ロンブー淳のスマホ旅』 (02月04日(日)16:05〜17:20 東海TV制作、フジ系)
ゲスト : 松本利夫(EXILE)、吉田沙保里

  淳 : 名古屋を中心に過去6回ほどやってまして、今回東京、全国ネットでこのスマホ旅ができることになりました。
ということで、台東区の 「 おばけ地蔵 」 から 「 平賀源内の墓 」、 「 ふんどし専門店 」 へ。
EXILEのMATSUと合流しふんどしをプレゼントしたあと、 「 日本で唯一の地下鉄の踏切 」 へ。
浅草地下街に入り、地下鉄銀座線の改札口近くの店で餃子と焼きそばを食べて、MATSUと別れる。
その後吉田沙保里と合流、銀座の路地裏にある 「 豊岩稲荷神社 」、 南青山の 「 三角ビル 」 と廻ったあと、淳がツイッターで 「 地方出身者大集合! みんなで集まって「ふるさと」を大合唱しませんか? 」 と呼びかけ、東京タワー下のスタジオに集合した18人(12都道府県)と淳(山口)・吉田沙保里(三重)が合唱して、おしまい。
さんまを呼んだ『ぐっさん家 正月SP』や、ももクロを出した『たけい荘Z』と同様 「 東海テレビ開局60周年記念 」 番組だし初めの全国ネットだからと奮発して、東京ロケでおまけにゲストまで出したのだろうと思うが、制作側はそもそも、東海地方に限らず地方在住で、東京のディープな情報に興味を持つ視聴者がどれだけ居ると考えているのだろうな。
最後の 「 童謡『ふるさと』の合唱 」 にしても、人数も楽しさも昨年末放送回の「第九」には遠く及ばなかったし……。

2018/02/07 (水)
『宇宙戦隊キュウレンジャー』 (日曜 09:30〜10:00 テレ朝系)
第48話(最終話) 「宇宙に響け!ヨッシャ、ラッキー」
ドン・アルマゲは、宇宙の全てをプラネジュームにして吸収し完全な体となった。 キュウレンジャーは12人で立ち向かうが、全宇宙の人々を取り込んだドン・アルマゲには攻撃が効かず、全員ふっとばされてしまう。 「宇宙そのものになった」と無敵の力に歓喜するドン・アルマゲは、自らの誕生について語り、真の目的を明かす。

  ドン : 私は、全宇宙に生きる最悪な運を持つ者たちから生まれた。 宇宙の嘆きと苦しみが、私という存在を生み出した。
私が支配する宇宙は、さらなる絶望にあふれている。
そこから絶え間なく生まれる嘆きと苦しみ、その終わりのない絶望が、私に永遠の力を与え続けるのだ。
  ラッキー : ヨッシャラッキー!  だったら簡単だ、それなら、俺たちがそうじゃない宇宙を作り出せばいい。

ということで、ラッキーの呼びかけにドンの体内に取り込まれた人々が呼応、その力を得てドンを倒す。
そこで、ドンはラッキーに憑依しようとしたが、ラッキーの強運に阻まれ、全員攻撃を受けて消え去ったのだった。
・・・って、要するに 「 強運 vs 悪運 」 の闘いだったんかい!
ラストは2年後で、スティンガーがオリオン号の司令、ラプターと小太郎が部下。
ツルギ(宇宙連邦大統領)、チャンプ(ロボレスチャンピオン)、ショウ(リベリオンの総司令)、ハミィ(大学生)、ナーガとバランス(BN団)、そして人助けの旅に出ていたラッキー&ガルと、スパーダの店に全員集合して、おしまい。
結局、終わって改めて考えてみても、 「 とにかく人数が多すぎた 」、 これ以外の感想は出てこない。

2018/02/06 (火)
『タモリ倶楽部』 (02月03日(土)25:01〜25:32 メ〜テレ)
「世界の銀シャリ!が食える店 めし処 ワールドライスセンター開店」
日本人の主食、お米。 しかし世界には、我々がまだ見ぬ未知なるお米料理が数多く存在するのです。 そこで今回は、銀シャリが世界の米料理を集めたお店をオープン。 お客様は、米好きのグルメ漫画家・ラズウェル細木と、三度の飯より飯が好き、マキマム ザ ホルモン ナヲ。 今夜は、お米の概念を覆す衝撃の味を堪能します。
ゲスト : ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、ラズウェル細木、銀シャリ(鰻和弘、橋本直)

ロシア(前菜) 「 リサウィ・サラトゥ・スクラバウィミィパラチカミ 」 (カニカマ入りお米サラダ)
  細木 : マカロニサラダとちょっと似てますね。

パレスチナ 「 マクルベ 」 (逆さま=食材が調理中と盛りつけで上下逆になる)
  ナヲ : 外国の炊き込み御飯。

トルコ 「 ヤプラックサルマ
  細木 : (レモンで煮ているためかなり酸っぱいが) 僕は結構好きですね。

ガーナ 「 オムトゥ 」 (オム=米、トゥ=だんご)
  タモリ : あのね、きりたんぽ。

タイ(デザート) 「 カオニャオマムアン
  細木 : (砂糖で味付けしてあると聞いて) 甘い米がねえ、ちょっと苦手なんですよ。 おはぎね、特にね。
  タモリ : (試食の後) マンゴーだけでよかったね。
  細木 : 思った通りでしたね、甘い米。
  鰻 : (調理したオプさんに) 週に何日ぐらい食べてはります? この料理。
  オプ : 1週間に、大体は1回〜2回というとこですね。
  タモリ : 俺たちは一生に1回だろうね。
  橋本 : じゃもう、今日で終わりじゃないですか。

2018/02/05 (月)
『ぐっさん家 〜 THE GOODSUN HOUSE 〜』 (02月03日(土)18:30〜19:00 東海TV)
元日SPで放送したさんまがゲストの回に、さんまとぐっさんが大須商店街を歩いた時、そっくりさん(ほいけんた、ぐっちゃん。)を影武者として一本隣の通りを歩かせ、そっくりさんのロケの様子は 「 後日番組で紹介 」 とテロップが出たのだが、今回の 「 気になるぐっさん家 」 という質問コーナーで、そのロケの様子が紹介された。
報告(1) 「 恒例のオープニング サプライズゲスト登場! 」 (さんまが登場した時のシーンを2人で再現)
  そのときは 「 こうやって普通にしていると、似てなかった 」 と書いたが、このような設定に沿った演技はそっくりだった。
報告(2) 「 商店街では大人気!! 」 (通りがかった人がみんな笑顔で、握手を求めたり写メを撮ったり)
  特にほいけんたの方は、みんなもそっくりさんだと気付いていたと思うのだが。
  その後、本物コンビが大須観音通りで出会ったSKE48のメンバー(高木由麻奈、水野愛理)が、そっくりコンビにも遭遇。
  ほい : ホンマもんとバッタもんと見るちゅ〜のは中々無いからね。
  高木 : (さんまと会って) ふるえが止まんなくって……。
  ほい : ふるえがとまらないところを、俺らと会って、ピタッと止まったやろ。

報告(3) 「 ぐっさん家 ゆかりの場所へ 」 (番組第1回で訪れた「たこ咲」で、ぐっちゃん。がたこ焼きを食べる)
この時も、食べ方と大袈裟なリアクションの特徴をうまく捉えていて、ぐっさんと同様思わず笑ってしまった。
わずか4分20秒なのが残念な気もするが、面白いところがこれだけしかなかった、という可能性も否定できない。

2018/02/04 ()
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (01月31日(水) 23:30〜24:30 テレ朝系)
欲望その一 南極観測隊の防寒具がどれだけ暖かいか試してみたい
防寒具を借りるため国立極地研究所に連絡したところ、リストが送られてきた。
つまり、極地用に開発した特製品ではなく市販されているモノで、それを用意して、ー20℃の冷凍庫の中で 「 アキラが 「 ここを暖めたい 」 というところから順に 」 防寒着を着用していったのだが、最後は誰だかわからない状態に。
  ナレ : ちなみに、お値段は総額およそ22万円。
  マツコ : 安いよね〜。
  有吉 : そう、ダウンだけでそれぐらいするかと思ったよ。
  マツコ : 全部(市販されているから誰でも)買えるんだね。

ちなみに、-20℃の冷凍庫で防寒具の効果を確かめるという企画自体は、5年前に『タモリ倶楽部』でもやっているが、その時使ったダウンパーカーは 「 南極観測隊向けに開発されたものだそうです 」 と言っていた。
欲望その三 メダルゲームでジャックポットを出したい
10月11日放送回の 「 大人になってもやめられないモノ 」 という話題で久保田直子が言っていた欲望に自分でチャレンジし、ロケ開始から4時間後、ついに 「 777 」 が揃って、メダルが556枚に。
  久保田 : あ〜どうしよう、動画とか撮っとけば良かった。 私もってる。 どうしよう怖い、自分が。
  ナレ : 「 私持ってる 」 と言っていたが、最初のメダルが500枚なので、結果的には56枚増えただけ。
そしてこのあと、556枚のメダルも注ぎ込んで、今回のロケは終わった。

2018/02/03 ()
『くりぃむクイズ ミラクル9 』  第184回 「家族対決SP」 (01月31日(水)20:00〜20:54 メ〜テレ)
【有田ナイン】 有田哲平、岩崎ひろみ、大神いずみ、大和田伸也、MIO、具志堅用高、斎藤司、高橋茂雄、宮崎美子、 【獏さんナイン】 大和田獏、元木大介、YAE、吉田メタル、えなりかずき、カズレーザー、須田亜香里(SKE48)、長濱ねる(欅坂46)、吉村崇、
※ 大家志津香はインフルエンザで休み。

昭和の写真クイズ 」 は「1-2」で、「10-20」。
3問目の答え「宮崎県」の 「」 を、須田は 「 山寄 」 と書いて不正解となったが、
上田 : あっ、須田さんは字の間違いで……。
吉村 : 上田さん、僕ね須田さんとよく仕事するんですけど、こういうやり口で映るやり方をする人なんですよ。
上田 : そういうパターンでくるのか……。
こめん、大家インフルエンザだよね?  インフルエンザでもいいから来てってゆってくんないか?
1 vs 1 義務教育早押し 」 は有田ナインが全滅して、「10-40」。
MIO、伸也、えなり、有田、大神、橋、具志堅、斎藤、吉村、YAE、獏、岩崎、須田、宮崎、の順で脱落。
有田ナインは、岩崎が2勝(えなり、YAE)、宮崎が3勝(吉村、獏、須田)しただけ。
近いもんじゃんけん 」 は「1-2」で、「20-60」。
自分イケますけど! 」 は「9-3」が挑戦したが正解者数は「3-2」で、「マイナス10-70」。
ふたご座 双子の性別は 両方男 両方女 男と女 」(両方男)
有田ナイン全員と元木、カズ、YAE、が挑戦したが、正解したのは、伸也、岩崎、大神、YAE、カズ、だけ。
60秒早抜け100万円クイズ 」 は、YAEと元木が残った。
獏3、長濱7、カズ7、パス7、パス9、吉村5、吉田3、パス4、須田4、えなり6、YAE押すも無回答で時間切れ
上田 : YAEさん、いけなかったか、これ……。
YAE : 真っ白になっちゃった。 ごめんなさ〜い。
上田 : 元木さんも?
元木 : いや、もう、下の「ロング」しか見てなかったので「ヘアー」だと思った。
上田 : 奥さまからじゃあ、ご主人にひとことお願いできます?
大神 : (帰り)運転して!

2018/02/02 (金)
藤井五段 誕生 中学生で史上初
将棋の中学生棋士、藤井聡太四段が一日、東京都渋谷区の将棋会館で、第七十六期名人戦・順位戦C級2組の九回戦に臨み、午後十一時五分、梶浦宏孝四段に百十四手までで勝った。 ここまで九戦全勝の成績で、三月の最終十回戦の結果を待たずにC級1組への昇級を決め、同日付で五段に昇段した。 中学生での五段昇段は史上初めて。

私は、C級2組は実力差が大きいだろうから全勝が何人もいると思っていたのだが、そうではなかったようだ。
ただし 「 中学生での五段昇段は史上初めて 」 は、間違ってはいないが、単に規定が 「 昇級日と同じ4月1日に昇段 」 から 「 昇級が決まると同時に昇段 」 に変わっただけの話で、その規定なら加藤一二三が 「 中学生初の五段 」 だった。
ところで、私は 「 通算成績が3位以内になった棋士が1つ上のC級1組に昇級できます 」 を 「 3位タイまでは全員昇級できる 」 と解釈していたのだが、記事中に順位戦の昇級に関して 「 特に新人は、勝ち星が同じ場合に昇級の序列をつける「順位」が低く、分が悪い 」 と書かれているから、仮に10戦全勝が4人以上いたとしても、3人しか昇級できないようだな。

2018/02/01 (木)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』  (01月28日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第10シーズン第3戦 1回戦 Bグループ は、 川崎由意、寺下智香、小泉奈津美、の対戦。
  川崎 : 202 ストライク6(ダブル、ターキー)、オープン1(ミス)
  寺下 : 204 ストライク5(ダブル×2)、オープン1(スプリット)
  小泉 : 172 ストライク3、オープン2(ミス×2)

これだけを見ると、ストライク数が多い上にターキーまである川崎が勝てなかったのが不思議に思えてくるが、10フレのターキー(川崎)と途中でのダブル(寺下)はスコア的に大差無いので、オープンとなったときのスペアのあとの6本(川崎)と8本(寺下)の差がそのまま最終得点差になった、という事だな。
なお、川崎と小泉が負けたので、シーズンチャンピオン決定戦のポイント(出場権)争いは8人に減った。
12:鈴木亜季、岩見彩乃、大嶋有香、8:浅田梨奈、6:小林よしみ、3:キム・スルギ、2:名和秋、遠藤未菜