気まぐれ日記 2017年08月

2017/08/18 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (08月13日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第9シーズン第2戦は決勝に進出した小池沙紀が2連覇、今週は第9シーズン第3戦の1回戦Dグループの試合で、
初参戦からおよそ5年、未だPリーグで勝ち星のない岩見彩乃が登場。
対するは、3連覇のかかる小池沙紀と実績上位の大石奈緒。 強敵相手に厳しい状況の岩見だが、今回はひと味違う。
負けては涙していたバックアッパーが、今度こそ笑顔を見せられるか。
などと冒頭にナレーションで煽ったあと 「 今大会前に初のパーフェクト達成 」 と紹介していたが、始まってみたら 「 8本スペア、9本ミス、ストライク、9本ミス 」 (4フレームが終わった時点で他の2人と32点差)といつもの調子だから 「 やっぱりなあ 」 と思っていたら、なんとそこから怒濤の7連続ストライク(最後は9本)で、他の2人に9点差をつけて逆転勝利。
  大石 : もう、完全にのいちゃん(岩見プロ)ワールドに持ってかれましたね。

岩見の号泣を見て選手席でも数人がもらい泣きしているくらいだから、大石も小池も、諦めて笑うしかないわな。
ちなみに、今シーズンは小池が連覇したため現在のポイント2位が9ポイントなので、準決勝1位から優勝(11ポイント獲得)すれば、まだ試合が残っている選手の誰でも、シーズンチャンピオン決定戦に出場できる。
ポイント上位(20:小池沙紀、9:安藤瞳・小林あゆみ、8:松永裕美、7:鶴井亜南、長谷川真実)は全て敗退。
1回戦勝ち残り(準決勝1位から優勝すると+8pt) = 6:川崎由意、5:小林よしみ、3:鈴木亜季・岩見彩乃
未戦(1回戦から3連勝すると+11pt) = 2:櫻井眞理子、1:浅田梨奈・小泉奈津美、0:キムスルギ・遠藤未菜・森彩奈江
ちなみに、ワイルドカード(準決勝2位)から優勝した場合、現在3ポイントの2人と0ポイントの3人は9ポイントで2位に並ぶだけなので、総得点によっては、シーズンチャンピオン決定戦に出場できない可能性がある。

2017/08/17 (木)
レコーダー録画予約の問題
まただ……。
一昨日(火曜)は雨で中止だったから、放送予定が変わるのは当然と思ってその夜予約をやり直したのに、その番組表は順延後に更新されたモノでは無かったようで、昨日の高校野球中継は、居間・自室ともに全く録画されてなかった。
それも、その可能性を考えて先月の愛知大会準決勝と同様、最初の放送枠で 「 イベントリレー 」 を設定した上ですべての放送枠を予約したはずなのに、録画履歴にも最初の放送枠の分しか出てないし。
しかたなく、昨夜改めて予約し直したのだが、CATV(居間)の方は問題ないのに、アンテナ(自室)の電子番組表は、
  ・ 19日の最初の放送枠を予約したら20日の最初の放送枠も連動して予約されてしまう。
  ・ 22日は準決勝のはずなのに放送予定はEテレの 「 11:54〜13:05 」 だけで、NHK総合の方は 「 番組未定 」。
  ・ 決勝が23日に変わったはずなのに23日の高校野球放送は 「 NHK総合 13:50〜17:00 」 だけ。
今日の夜確認したら、20日の予約連動は無くなった(未予約になっていた)が、23日の放送予定は変わってない。
せめて、番組表の修正ぐらいすぐに対応してくれよ。

2017/08/16 (水)
『タモリ倶楽部』 (08月12日(土)25:31〜26:02 メ〜テレ)
「コックピットから滑走路まで 特別開催!! 出張航空ジャンク市」
日本を代表する国際空港・成田空港のすぐ隣にある飛行機のアミューズメントスポット、それが、航空科学博物館。 ジャンボジェット機のエンジンやフライトシミュレーターなどが所狭しと展示される、空の一大テーマパークです。 実はここ、年に2回、航空ジャンク市なるイベントを開催。 なんと、本物の旅客機に使われていたパーツや飛行場の備品など、マニア垂涎のお宝を購入することができるのです。 今回、そんな航空ジャンク市が特別に都内で出張販売。 噂を聞きつけたのが、芸能界一の航空ファン・竹山、数少ない飛行機好きアイドル・乃木坂46の鈴木絢音、そして、世界一多くの航空会社に乗った飛行機フリークな航空写真家・チャーリィ古庄。 こんなカッコいい飛行機写真を撮りまくっている航空写真家の第一人者も、飛んできました。 以上のメンバーで、マニアも唸る航空ジャンク品の数々を吟味します。
ゲスト : 竹山隆範、鈴木絢香(乃木坂46)、チャーリィ古庄(航空写真家)、小川光久(航空科学博物館 企画課課長)

  竹山 : 絢音ちゃん、改めて聞きますが、飛行機どれくらい好きなんですか?
  鈴木 : そうですね、お休みの日に空港に一人で行って、飛んでいく姿をまじまじと、はい、見たりしています。
  タモリ : (離陸を見ていると必死さが伝わってきて) ドキドキするけどね、俺。 うま〜く飛ぶかなあと思って。

航空ファンが選んだジャンク品ランキング
  ナレ : 成田空港周辺で航空ファンにアンケートを実施、ランキング形式で、マニアが選んだベスト7をお送りします。

  (ボーイング社の機種名7X7にちなんでベスト7に)
第7位 【コックピットパネル】 (約120万円)
機長側パネル、中央パネル、副機長側パネルが各35万円、ギヤハンドル5万円、だから、上部パネルが10万円?
  タモリ : アナログだねえこれは。 俺ねえ(飛行機は)怖いけど目盛りが大好きなんだよ。 今時はディスプレイだからなあ。
  古庄 : これ、古いから良いんです。 新しいのはもうブラウン管になってるんで、エンジン切ったらただモニターなんです。

第6位 【ウインドウパネル】 (1枚5万円)
  タモリ : 俺絶対飛行機に乗ったら寝ないからね。 (怖くて)寝れないよ。

第5位 【誘導案内灯】 (1枚:1万1千円、2枚:2万円)
第4位 【フラップ】 (カットしたもの、5万円)
第3位 【アンテナ】 (2万円)
  古庄 : 私まさに、これをジャンク市で買って、自分のエアバンドにつけて聞いてます。
  タモリ : 性能的にはどうなんですか?
  古庄 : 無茶苦茶良いです。 だってもう専用の、この周波数帯だけに作られた(モノだから)。

第2位 【ファンブレード&コンプレッサーブレード】 (ファンブレード10万円、コンプレッサーブレード(小さい)2千円)
第1位 【DC-10のパイロットシート】 (15万円)
  竹山 : 安いですね、普通にちょっとねえ良いイスを買おうとすると、ねえ。
  タモリ : 良いイスの方がいいだろう、15万で。
  竹山 : いや、これだって、良いイスですからねえ。

タモリが拒否したので、竹山が代表して着席。 5点式シートベルトを装着したところで、
  竹山 : 最近なんかこうやって、こういうベルトいっぱいされるのってあのう……だいたいね、エロい店が多いですから、
ちょっと変な感じになりますけどね。
ちなみに、チャーリィ古庄に関しては『中川翔子のマニア★まにある』の「飛行機マニア」の方が詳しかった。

2017/08/15 (火)
『宇宙戦隊キュウレンジャー』 (日曜 07:30〜08:00 テレ朝系)
第25話 「惑星トキ!少年の決意」
キュウレンジャーは宇宙の時間を司るトケイキュータマのある惑星トキへ。 トケイキュータマを手に入れるためには12個のゼンマイを30分以内に巻かなければならない。 ツルギも仲間となり12人となったキュウレンジャーは、一人ずつゼンマイの場所に向かうことに。 ところが、テッチュウたちの攻撃による影響で惑星トキの時間に異変が。 12人の前に、思い入れの強い人物が現れる。

  1 : ラッキー = エリードロン(最初に登場したカロー) → アッサリ倒す
  2 : スティンガー = スコルピオ(兄) → アッサリ倒す
  3 : ガル = 女装ガル(「宇宙竜宮城」でガルが変身した乙姫) → アッサリ倒す
  4 : バランス= ナーガ  「 やっぱり、ボクのところに出てくんのはナーガだよねえ 」 (戦わず)
  5 : チャンプ= アントン博士とザコ → 駆けつけたスティンガーが倒す
ワンカットだけなのでうじきつよしは呼ばず、アントン博士役は顔が映らないようにしていた
  6 : ナーガ = なし  「 俺のところには誰も出てこなかった。 俺には心が無いということか 」 (戦わず)
  7 : ハミィ = ゴネーシ(「海の惑星ベラ」で登場したダイカーン) → アッサリ倒す
  8 : ラプター = ラッキー、スパーダ、ツルギ、ショウがプロポーズ  「 皆さんからのプロポーズを断りました 」 (戦わず)
  9 : スパーダ = マーダッコ → 倒しても倒しても復活、に手こずっていたが、ラッキー、ハミィ、ガルが駆けつけて倒す
  10 : ショウ = ビッグベア総司令 → 飲みながら昔話に花を咲かせて、駆けつけたバランスに注意される(戦わず)
  11 : 小太郎 母親 → 小太郎が心を決めてゼンマイを巻く(戦わず)
  12 : ツルギ クエルボ ( 昔ツルギをかばって倒れた仲間 ) → アッサリ倒す

スパーダの前に現れたマーダッコは幻影だったが、その後テッチュウがマーダッコを復活させていたな。

2017/08/14 (月)
夏の甲子園完全予想 初戦で「散る高校」と「残る高校」 」  (8/6(日) 9:26配信 日刊ゲンダイDIGITAL)
日刊ゲンダイが抽選直後に発表した予想は、24試合中20試合が当たっていた。
外れたのも、 「 広陵 10 - 6 中京大中京 」 以外は 「 津田学園 7x - 6 藤枝明誠 」(延長11回サヨナラ) 「 日本航空石川 6 - 5 木更津総合 」(9回表逆転) 「 神村学園 3x - 2 京都成章 」(9回サヨナラ) 」 だから、誤差範囲と考えることもできるし。
まあ、そうなると逆に 「 彦根東 6x - 5 波佐見 」(9回サヨナラ) 「 明徳義塾 6 - 3 日大山形 」(延長12回) はもちろん、 「 神戸国際大付 5 - 4 北海 」 「 明豊 7 - 6 坂井 」 の1点差試合も誤差範囲だから外れ、と言えなくもないわけだが。

2017/08/13 ()
『アメトーーク!』  (08月10日(木)23:45〜24:15 テレ朝系)
「もっと売れたい芸人」
シソンヌ長谷川、チョコレートプラネット松尾、 ガンバレルーヤ、ミキ昂生、超新塾アイク、ダイタク、マヂカルラブリー野田、ウエストランド井口、モグライダー + FUJIWARA藤本、岸明日香

冒頭の、紹介VTRがいちばん面白かったかな?
マヂカルラブリー野田が自作したゲーム 「 アメディウス 」 なんて単に 「 宮迫(写真)が蛍原(写真)を撃墜、ラスボスがフジモン(写真) 」 というだけだったし、 「 目指せオンエア 芸人体当たりシミュレーション!! 」 など、 「 面白かった4名だけ放送 」 と言いながら、昂生、まひる、アイク、よしこと、下品なだけで面白さが欠片も感じられないガンバレルーヤ推しだったし。

2017/08/12 ()
『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』 (08月10日(木)19:00〜19:54 テレ朝系)
指原莉乃、小藪千豊、ケンドーコバヤシ、伊集院光、柴田理恵、石原良純

実演ハナタカSP 」 と銘打って各種のネタを実際にやって見せ、残り5分くらいになってようやくゲストがひな壇に座る。
投稿ハナタカ 」 は 「 夏休み特別企画 ハナタカ日本地図を作ろう!! 」。
以前紹介した 「 熊本県=荷物を持った親子グマ 」 を見て沢山の投稿が来たからと、10件を紹介したのだが、山形県(口を開けて驚く人)、山梨県(ツッパリのにーちゃん)、静岡県(金魚)、新潟県(カンガルーと蝶々)、はともかく、
・ 栃木県=パーマのおばさん  「 パーマのおばさん良いなら全部(パーマのおばさんで)いけるよ 」(有田)
・ 埼玉県=車  「 線(車の輪郭から県境の線が)、出まくりですよ 」(ケンコバ)
・ 北海道=岩に座った人魚  「 いやいやいやいや 」(良純)、 「 岩やったら全部できるよ 」(ケンコバ)
・ 大阪府=子どもをおんぶした江戸時代の女性  「 全然違うわ 」(伊集院)
・ 福島県=オーストラリア  「 いや、これは、いやぁ… 」(上田)
・ 大分県=3〜4本のバナナ  「 ひどーーい 」(指原)
と、半数以上がツッコミ所満載だったから、当然、誰も認定ボタンを押さず。
  小籔 : 押すかぁ!  こんなもん!
  ケンコバ : 北海道、特に酷いスよ。 あれはだから、北海道に座ってる人魚ですよこれ。
北海道に腰掛ける人魚やったら、まあまだ認めましたけども。
せめてよ、なんかその風土にかけてくれたら良いのに。
  小籔 : (最初に例として出した) 熊本のクマみたいにね。
  ナレ : みんなが納得してくれるような、都道府県が何かに見えるもの、まだまだ大募集中です。

2017/08/11 (金) (山の日)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (08月09日(水) 23:45〜24:45 テレ朝系)
業界幸せニュース ついにヨットが空を飛ぶ時代に突入しました!
空を飛ぶ 」 って、大昔からある水中翼で船体を浮かしているだけじゃないか。
しかも、手で漕ぐとか足で漕ぐと言っていたが、生み出した動力でなにを動かしているかの説明はなかったし。
そのあと、以前の放送でマツコと有吉から 「 ハイボールもレモンサワーも炭酸強く 」 という要望があったので 「 我こそは! というお店を募集 」(ナレ) したところ 「 128名の応募があったんですよ 」(久保田) 、ということでその中から2店を選んでスタジオで作って貰ったのだが、2人がレモンサワーを3杯飲んだあと、さらにハイボールを味わっているところで、
  久保田 : 今回はですねえ、若手の芸人さんをお呼びしています。
  有吉 : かわいそ〜〜。
  マツコ : この流れで?
  有吉 : シラフであいたかったぁ。
  マツコ : なんで(アルコールを飲む)前に出してあげないのよ。

ローズヒップファニーファニーというコンビが、さして面白いとは思えないコントを3分半披露したのだが、
  マツコ : 今、もうなに見ても楽しい。

コントは他の番組でやれよ! とは思ったが、内間や千代丸らのコーナーが無かったのは良かった。

2017/08/10 (木)
『宇宙戦隊キュウレンジャー』 (日曜 07:30〜08:00 テレ朝系)
第24話 「俺は戦う盾になる!」
フクショーグン・テッチュウが、側近ギャブラーとともに出現。 キュウレンジャーが立ち向かうが全く歯が立たず、ハミィたちがギャブラーの体内に吸い込まれてしまう。 駆けつけたツルギが応戦するが、強敵2人を相手に苦戦。 絶体絶命のピンチを、飛び込んできたラッキーに救われる。

ツルギを庇ったのはともかく、敵の目の前で 「 もう不死身じゃないんだろう 」 って、敵に弱点を教えてどうするよ。
ところが、二人ともあわや! というところでドン・アルマゲ(映像)が登場して、
  アルマゲ : 下がれ!  不死身ではない奴なら、いつでもとどめは刺せるだろう。

って、もう少し説得力のある、見る側が納得できるような理由をこじつけて欲しいよな。
一方ツルギは、登場時 「 キョウリュウジャーのウッチーのようにも感じられた 」 と書いたが、昔ドン・アルマゲと戦った時のように仲間を失いたくないから自分一人で戦おうとしていたことが判って、
  ラッキー : いつまで不死身のつもりで戦ってんだ。 もっと命を大事にしろよ!
あんたが死んだら、あんたに宇宙を託したやつらも、無駄死にになるんだぞ!
  ツルギ : それでも逃げるわけにはいかない。 俺様は、伝説の救世主だ!
  ラッキー : 俺だって救世主だ!  あんたが盾になれっていうならなってやる!
だが覚えておけ!  おれは戦う盾だ!  あんたの前にいる敵は、俺が全部ぶっ倒してやる。
  ツルギ : なんてこった、盾が戦うなんて……。
  ラッキー : 今の救世主と、昔の救世主が力を合わせる。 俺たちが、新しい伝説を作るんだ!
  ツルギ : なんてこった、新しい伝説かあ……。 いいぜぇ、一緒に戦ってやる。 一緒に宇宙を救うぞ!

ということで、ついにツルギも仲間になったのだった。

2017/08/09 (水)
『高校野球“真夏の熱球”スペシャル』 (08月03日(木) 19:32〜20:45 NHK総合)
矢作兼(MC、おぎやはぎ) : 酒を飲みながら観戦するのが好き 高校時代は帰宅部
上田まりえ(MC) : 高校時代からスコアをつけながら観戦するほどのマニア
ピエール瀧 : 静岡東高校野球部 阪神の入団テストを受けたことも 桑田と同い年
渡部建(アンジャッシュ) : 芸能界きっての高校野球マニア 地方予選も生で観戦
山本彩(NMB48) : メンバーを連れて甲子園に出向く高校野球ファン
レッド吉田(TIM) : 東山高校(京都)の控え投手として83年夏甲子園に出場
桑田真澄 : PL学園エース 5季連続甲子園出場 優勝2回 準優勝2回 甲子園20勝(歴代1位)本塁打6本(歴代2位タイ)
金村義明 : 報徳学園エース 81年夏の甲子園優勝

超高校級 」 などと煽っているが、ピッチャーはともかくバッターなんて、その直後に 「 もっとすごい!桑田真澄の記録 」 で紹介されたように、本塁打数は、多くても投手の桑田と並んだに過ぎないんだよな。
黄金の80年代 」 は、本人に語らせていた昨年放送の『高校野球100年 レジェンドが語る名勝負の秘密』(早実・荒木、報徳・金村、PL・桑田)を、その時代に高校球児だったレッド吉田が時系列で説明したものだが、これはおもしろかった。
80年夏、1年生の早実・荒木が準優勝でアイドル人気、81年夏、その荒木や名古屋電気(工藤)を倒して報徳(金村)が優勝、82年夏、83年春と池田が優勝、83年夏、その池田を倒してPL学園(桑田)が優勝。
ただし、 「 早実 → 報徳 → 池田 → PL 」 なら、報徳の金村より池田の水野を出して欲しかった、とは思った。

2017/08/08 (火)
第98回 全国高等学校野球選手権大会 第一日
開会式
選手宣誓が決まっているからカメラは滝川西の主将を何度もアップにしていたのだが、大会審判委員長の挨拶中、滝川西のプラカードを持った女生徒の視線がうつろな感じで体も揺れていたから気にしていたら、9時36分30秒過ぎに右側の選手集団にカメラが切り替わって数秒後(9時36分37秒頃)多くの選手が顔を右(画面上では左)に向け、数人の係員が選手の間を走り抜け、9時37分19秒に滝川西が再びアップになったときには、違う女生徒が立っていた。
ところが、直後に選手宣誓が行われたのに、NHKのアナウンサーは全く触れないんだ。
貧血で倒れたようだが、深夜放送の『熱闘!甲子園』でも翌日の中日スポーツ紙でも全く触れられなかった。
もしかして、その話題がクローズアップされると、関係者の挨拶や開会式そのものに批判が出ることを恐れたとか?
始球式
長島三奈がおもむろに始めた投球動作は、左足を大きく後ろに引いたあと前に大きく上げるダイナミックなモーションだったから一瞬剛速球を期待したのだが、肩は鍛えられてないから、投じられたのは大きく外れるヘロヘロ球だった。
「 彦根東 6x - 5 波佐見 」
  波佐見 011 001 200 | 5
  彦根東 013 000 002x| 6x
逆転・逆転・逆転サヨナラという試合展開で、打撃・投手・守備とも並だったが、見ている分には楽しめた。
「 済美 10x - 4 東筑 」
  東筑 000 310 000 | 4 (13安打)
  済美 101 042 02x |10 (10安打)
済美は1回裏、四球、死球、遊ゴロエラー、三振、ワイルドピッチ、の一死満塁からワイルドピッチ(ノーヒット)で1点、と、始まりは一方的な試合になりそうだったが、4回に東筑が逆転、その裏済美がヒットで無死一塁となった直後激しい雨で1時間15分中断、これで流れが変わったのか済美は無得点、一方東筑は5回に追加点と、天まで味方しては東筑の勝ちだろうと思いかけたらその裏済美が逆転、その後は一方的となったが、何と言っても、13安打で4点と東筑は効率が悪すぎ。
「 津田学園 7x - 6 藤枝明誠 」
  藤枝明誠 100 032 000 00 | 6
  津田学園 000 420 000 01x| 7x
この試合も、逆転、同点、延長サヨナラ、という展開だったが、1回表二死無走者から、遊ゴロトンネル、左前打の二死一三塁で、5番打者の3球目、一塁走者のディレードスチールに捕手が二塁送球したが遊撃手が捕球できず、あわてて拾って二塁手に送球したら悪送球で、その間に三塁走者が生還して 「 1 - 0 」 って、こんなチームが勝てると思うかぁ?
まあ、4回裏一死満塁からの遊ゴロに、一塁走者が二塁ベースでは無く一塁に送球しようとしている二塁手に向かって走っていって目の前に手を上げ、ゲッツー崩れの間に初得点(それをきっかけに逆転)とか、延長10回表、藤枝が中前安打を放ったら、そこで中堅手がぶつけてもいない肘を痛めたからと治療で投手の気持ちを切り替える時間を作ったりと、見ている側としてはスッキリしない勝ち方という印象しか残らなかったのだが。

2017/08/07 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (08月02日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
以前の久保田のコメント通り、タコが届いたので、スタジオに屋台を作って 「 今夜はタコパーティー! 」。
にぎり長次郎 特製 ミズダコの握り4種 」 (かぼす塩、刻みわさび、ネギ味噌ミョウガ、甘ダレ)、 「 築地 銀だこ 特製たこ焼 」 、さらに、西潟正人氏による 「 特製 からあげ 」 を試食したのだが、マツコは最初から言っているようにタコが食べられないし、有吉にしても大食漢では無いうえにミズダコは歯応えが凄いようでさほど食べられなくて、大がかりに準備したスタッフの思惑とは異なり、ショボイ結果に終わった。
西潟正人 : この情報を教えてくれた、『怒り新党』の 「 新・3大〇〇 」 でお馴染みの水産ジャーナリスト。
まあ、そもそもの話、ミズダコの方が良ければ、握りもたこ焼きもすでにミズダコに代わっているはずだわな。
誰かが幸せになったニュース あの「迷宮」と呼ばれる横浜駅が、遂にプラレールで完全再現されました
  ナレ : (制作者は) プラレールのイベント開催や動画配信など、プラレール一本で生活して 「 職業=プラレーラー 」。
  久保田 : 「 職業=プラレーラー 」 になったのが2014年からで、それまでは大学職員をしていたそうです。
  マツコ : あれで食べてるってこと?  どうやって食べてくの?
  有吉 : 子供たちに教えたりとか?  イベント?
  スタッフ : イベント開催とYouTubeの広告です。
  マツコ : そうかだから、固定のお客さんつかんじゃうとYouTubeの広告だけで食べていけるのね。
だから、プラレールって特殊だけど、YouTuberなんだ、だから要はね。

2017/08/06 ()
『クリスティ・ロンドンマッシブ/新谷かおる』 5巻
新谷かおるは4月に 「 昨日、「クリスティ・ロンドン マッシブ」の最終回を脱稿しました。 これで漫画家として、一旦筆を置きます 」 とTwitterで発表したが、その最終回が収録された「クリスティ・ロンドン マッシブ」の最終巻がようやく出た。
ところが、帯に 「 新谷かおるが描くシャーロック・ホームズ・パスティーシュ、堂々完結!! 」 とあるだけ。
私は 「 一旦筆を置きます 」 を断筆宣言と理解したのだが、文面通り 「 ひとやすみ 」 なのかもしれないな。
ところで、話はクリスティの結婚式で終わったが、その前のクリスティの推測の次のページで犯人が逮捕されていたり、結婚式にライバルのアマンダどころか家族の誰も登場しないあたり、最後は急いで風呂敷を畳んだように感じられてならない。
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」 (ゲーム)
4月に触れた通り7月29日に発売されたようだが、なんとなく 「 発売はまだ先 」 と思い込んでいて、今日ようやく買ってきた。
もちろんその時書いたように 「 手軽に遊べて安価な3DS版の方 」 にしたのだが、これは間違いだった。
メッセージの文字が小さくて読めない事はないが見にくいし、最初の方は上画面が3D、下画面が2Dで表示されるのだが視点が違うから行きたい方に行けないし、おまけにストーリーは相変わらずのうっとうしさだし……。
この分では、「IX 星空の守り人」と同様、半分も行かないうちに挫折してしまうかもしれないな。

2017/08/05 ()
『宇宙軍士官学校 −攻勢偵察部隊(フォース・リーコン) − 1/鷹見一幸』
「-前哨-12」のあとがき通り、 「 攻勢偵察部隊 」 が編成されたのだが、地球軍独立艦隊から選抜された地球人は20人。
ケイイチ(第二艦隊司令官)、タムイ(第二艦隊情報分析参謀)、エミリー(第二艦隊機動戦闘艇部隊第1小隊長)、ライラ(第一艦隊)、タフィー(第三艦隊)、以外の16人は、本巻では登場してない。
なお、バーツはケイイチに代わって地球軍独立艦隊司令官(それに伴って准将)に、少尉は全員中尉に昇進したようだ。
そして、粛清者の支配するアンドロメダ銀河に向かう前に新造艦の習熟訓練が行われるのだが、新造艦を作ったのが上位種族なら、途上種族による部隊編成や三十日後に出撃というタイムテーブルも上位種族の指示によるものだそうで、例によって、その訓練が予定以上に順調に進んだので三日間の休暇が与えられ、士官学校に行ったエミリーが教務主任のウィリアムとのコンビで増長した練習生総代の鼻をへし折ったところで、休暇が終了。
ところで、今巻は半月前に別の文庫に入っていた広告で知ってAmazonに予約注文してあったのに、 「 7/25発売 」 のはずが7月26日深夜の時点で発送メールさえ来ておらず、予約したはずなのにと思ってアカウントサービスで確認したら 「 27日から28日に到着 」 とあるのに、その下には 「 未発送 」 の文字が。
結局、29日(土)の午後に『宇宙戦艦ヤマト2202』のBlu-ray第2巻と一緒に届いたのだが、いろいろな噂を考えると、送料を節約する(まとめて送る)ためBlu-rayの発売まで待った、という可能性もあるんだな。

2017/08/04 (金)
『日曜もアメトーーク!』  (07月30日(日)18:57〜19:58 テレ朝系)
「スーパー戦隊大好き芸人」
メイプル超合金カズレーザー、土田晃之、ドランクドラゴン塚地、井上小百合(乃木坂46)、トレンディエンジェル・たかし、 宮島咲良(フリーアナ)、オジンオズボーン篠宮、御茶ノ水男子・しいはしジャスタウェイ + 栗山千明、上川隆也
※ 8人中5人(カズ、土田、塚地、篠宮、しいはしジャスタウェイ)が「仮面ライダー芸人」とかぶっている。

今回のゲストの上川隆也は、結構詳しかったから番宣を始めても特に抵抗は感じなかったのだが、劇場版「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」冒頭の戦隊199人が戦うシーンでは、スーツを新調(新作)したという発想は出なかったのか 「 あれだけのスーツが、ちゃんと残ってるっていうのがすごいですよね 」。
しいはしジャスタウェイは、元スーツアクターだそうだが、演じた名乗りポーズは上手いと思った。
最後は、 テレ朝に野球仮面(第1作の怪人)が出現、それをキュウレンジャーがスタジオのカズを引っ張り出して戦い撃破するという「仮面ライダー芸人」の二番煎じをやったあと、劇場版『キュウレンジャー』の宣伝をして終了。
なお高梨臨は、3日前に放送された 「 ギター芸人 」 にゲスト出演したとき宮迫が 「 事務所の人は(『アメトーーク!』出演という経歴を)絶対すぐに消してしまってるよ 」 とコメントしたが、今回の出演者は『戦隊』出演も同様と判断したのか、『侍戦隊シンケンジャー』の映像で主役の松坂桃李の名前しかテロップを出さなかったから、あるいは収録の順番が逆だったため高梨臨と気付かなかったのか、『侍戦隊シンケンジャー』の映像で顔が確認できたのに、誰も触れることは無かった。

2017/08/03 (木)
『宇宙戦隊キュウレンジャー』 (日曜 07:30〜08:00 テレ朝系)
第23話 「俺様の盾になれ!」
コールドスリープに入る前にドン・アルマゲを倒したというツルギ。 しかし、今もドン・アルマゲは宇宙を支配しているため、ラッキーたちは信じられない。 そんな中、ツルギがジャークマター放送局に乱入し、ジャークマターを挑発する発言を放送。 するとジャークマターの最高幹部フクショーグンのテッチュウが現れる。 ラッキーたちは民間人の救出を優先するが、ツルギは周囲を顧みずテッチュウに応戦。 宇宙を救うためには多少の犠牲は仕方ないというツルギに、ラッキーは激しく対立し…

  ラッキー : あんた、自分が何をしたかわかってんのか!
  ツルギ : 何をした?  宇宙を救おうとしただけだ。
小さな事に囚われてちゃ宇宙は救えない。 フクショーグンを倒すこと、すなわち、宇宙を救う近道だ。
  ラッキー : 民間人を危険にさらすことが小さな事とでも言うのか!
  ツルギ : 犠牲もなく宇宙を救えるなんて思うな!  俺様は、迷わず救われる命が多い方を選択する。

その後、第19話に登場した森の惑星キールの精霊エリスと、ツルギ本人が、交互に鳳ツルギの過去を紹介、ホウオウキュータマの力で手に入れた永遠の命を力に変えても倒せなかったくらいドン・アルマゲの力は圧倒的だから、ツルギはそこまで言ったわけだし、そもそも、ツルギの言っている事は戦術のキホンだから、ツルギの 「 自分たちの甘さがわかったか 」 に 「 甘いのはあんただ! 」 と返したラッキーに思わず 「 どっちが! 」 とツッコミを入れてしまった。
でもこれは子供番組だから、正論より 「 力を合わせて勝つ 」 の方が優先されるんだよな。

2017/08/02 (水)
『アメトーーク!』  (07月27日(木)23:30〜24:30 テレ朝系)
「ギター芸人2017」
フット後藤、ANZEN漫才みやぞん、野性爆弾くっきー、馬と魚、松浦真也、レイザーラモンRG + 高梨臨

  蛍原 : 臨ちゃん(高梨臨)はアメトーク…このスタジオは初登場なんですが、
実はですねえ、6年前に2回ほど、VTRで出てもらってるんですね。
  後藤 : いや、出世作でしょう、これは。
  宮迫 : いや出世作じゃない。 事務所の人は絶対すぐに(経歴から)消してしまってるよ。
ミニドラマ「 運動神経悪いラブストーリー 」(2011.01.07 OA)、「 滑舌悪い大捜査線 」(2011.03.31 OA)に出演。
高梨臨は、前年(2010年)2月まで『侍戦隊シンケンジャー』に出演、このあと、NHK連ドラ『花子とアン』で主人公の親友役。
俺のギターを聴いてくれ!! 」 で後藤が披露したイイ感じの 「 ゲゲゲの鬼太郎 」 は、前々回のシブい 「 およげ!たいやきくん 」 (2015.04.02 OA)、前回のシブい 「 ドン・キホーテのテーマ 」 (2016.05.05 OA)と同様、笑えた。
松浦は、今回は吉本新喜劇の森田まりことギター漫才 「 マリコンヌ&ヤンシー「リンボーダンスSHOW」 」 を披露したが、みんな楽しそうに大笑いで、 「 温泉入って酒飲んで見たいですねえ 」(後藤)、 「 ホンマ、幸せな笑いやな 」(蛍原)。
あとは特に面白いとは思えなかったが、狩野はともかくとして小沢も出さなかったのは良かった。

2017/08/01 (火)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (07月26日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
最近の声優はイケメンばかりで アイドルみたいになってるんです
  マツコ : 熱心なファンの方も多いでしょうから、お叱りを受けることを覚悟で言わせていただきますと、よ〜〜く見てみて
でも、それを言い始めたらみ〜んなそうじゃん。 「 よ〜く見てみて 」 って人でできてるわけよ、芸能界って。
だからその、キャ〜ッとかアイドルみたいなものがイコールイケメン、っていう言葉で片づけますけど、なんでもいい場合も多いじゃん。 だから、今の子が突然イケメンになったとはあんまり思ってないの。 昔の、いや昔のってねえアレよ、みんな声優さんってけっこう、良い顔の人多かったよ。
  有吉 : あんまり言いたくないんだよね。 (声優ファンは) メチャメチャ怒るじゃん。
  マツコ : そうなのよ〜、怒られそうだからあんまり言えないのよ。
今だからもう多分、声優さんっていうカテゴリーであんまりもう分けられなくなってきてんだと思うのよ。 声優さんって人がもうアイドルの代わりになってるんだと思うのよ。 (CDは売れるしコンサートの集客もスゴくて、言わば) 声優の仕事をしているアイドルとか歌手だもん。 そりゃだから、そこそこイケメンじゃなきゃやっていけないですよ。
  有吉 : 側(ガワ=見た目)も大事だもんね。
  マツコ : 側も大事になってきたんですよ。 ただ、ちょっとやっぱり怖いですよ、怖いんですよ。
  有吉 : あの〜〜、言い方キツイ。 「 殺す 」 って言うなよ!
声優さんやってる人たちもほら、なんかすごい叩かれたりするじゃない?  声優さんが、ファンの方の人からとか。
  マツコ : だからホントにアイドルなんだと思う、昔の。
要は、今、アイドルにそこまでさぁみんな…こないだAKBの問題とかあったけど、もうそんなみんなさあ、ね? 求めてないじゃん、そこまで雲の上の存在であることをさあ。
でも今声優さんの方が、偶像化というか…になってんじゃないかな? と思うんだよね。
多分だからその、いろんな化けの皮がみんな芸能人はがされてきた中で、あくまでもアニメーションの声っていうものすごいファンタジーの中で生きられてる人たちじゃん。 だからもう夢を持ちやすいんだろうね、見てる人は。
もう今はアイドルだって普通に 「 ウンコしません 」 とか言ってたらやってられない時代じゃん。 だからもう無理じゃん。 「 あたしウンコしま〜す 」 って言ってるアイドルにそこまで崇拝できないじゃないもう、ファンも。
まだ声優の人って、そのウンコを語らずに済んでる世界にいるじゃん。 だからファンもよりガ〜ッてなっちゃうし、その夢を壊すようなことをされるとアイドルよりも攻撃されちゃうんだと思うんだよね。
だから見てて、大変そうだな〜って思う。
この、マツコの声優論には納得させられた。
マツコの言う通り、イケメンの例として写真の出た連中レベルの声優は、1970年代後半頃にはすでに珍しくなかったし。