気まぐれ日記 2018年05月

2018/05/21 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (05月16日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
暗黙の了解を知らずにめちゃくちゃ怒られました 」(16歳高校生)
卓球の試合で完封勝ちしたら監督から怒られた、というのだが、この暗黙のルールは以前、五輪の後のバラエティ番組で聞いた時 「 何か違う! 」 と感じた記憶があるし、そのあと紹介された、野球界の 「 大量得点で勝っているときは盗塁をしない 」 や、サッカー界の 「 選手がケガなどで動けなくなったらボールをタッチライン外に出す 」 とは理由が全く異なるだけに、 「 だったらもうさあ、「1-1」から始めればいいじゃんねえ 」 というマツコの意見は、至極真っ当に思えた。
そのあと、テレビタレントの 「 目上の人と衣装の色カブリはNG 」 で、マツコの衣装の青と似ているということでAP鹿島(お菓子ちゃん)が映ったが、いつもと違ってヒラヒラのワンピースを着ていたからどうしたのかと思ったら、そのあとの
欲望その三 一流スタイリストに1週間コーディネートしてもらいたい 」(視聴者の方からの欲望)
で、椿鬼奴が2日目 「 黒髪さんのための究極コーデ 」 に着たワンピース(\9,999)で、
  有吉 : お前それ、2日目(の)を買ったのか? (鹿島うなずく)
  マツコ : いやいや、3日目のあの花柄も買っちゃえば良かったじゃん。
  鹿島 : あの〜、このあと買いたいなと……。
  有吉 : (番組企画を) 有効活用するな!

2018/05/20 ()
『くりぃむクイズ ミラクル9 』  第194回 「まるごとニュースSP」 (05月16日(水)20:00〜20:54 メ〜テレ)
【アーティストナイン】 有田哲平、岡本知高、須田亜香里(SKE48)、戸塚祥太(A.B.C-Z)、増田惠子、具志堅用高、斎藤司、高橋茂雄、宮崎美子、 【キャスター・コメンテーターナイン】 長嶋一茂、安東弘樹、犬山紙子、萩谷順、寺田ちひろ、えなりかずき、大家志津香、カズレーザー、吉村崇、

1vs1 ニュース早押し 」 は一茂ナインの勝利で、「0-20」。
1人残った須田は、萩谷と寺田を倒したがカズに負けて、カズと犬山が残った。
クロスワードクイズ 」 は正解数が「5-2」で、「25-30」。
自分イケますけど! 」 は「8-1」が挑戦したが正解者数は「2-0」で、「マイナス15-20」。
日本初の機内食 巻き寿司 バナナ サンドイッチ 」(サンドイッチ)
有田、斎藤、萩谷、須田、宮崎、岡本、具志堅、増田、高橋、の順にボタンを押したが、正解したのは具志堅と須田だけ。
60秒早抜け100万円クイズ 」 は、一茂と大家がクリア出来なかった。
カズ2、パス16、
法則クイズ 次→moon 味→foot 幅→mother 虹→? 」 に大家は「さーす」、一茂が「レインボウ」、萩谷が「ボウ」。
  大家 : 分かってるのに、英語がわからなかった。 (法則は)濁点を抜くと。 (だから答えは)西の英語。 (west)

寺田3、えなり3、パス9、安東6、萩谷3、犬山4、吉村10、一茂正解するも時間切れアウト
一茂は、キャプテンでなければそこそこクリアしているのだが、出演19回中キャプテンは4回目で、第66回は100万円挑戦で自分ひとりクリア出来ず、第103回はその前に敗退、第167回は100万円挑戦で自分を含めて3人がクリア出来ず、今回も自分を含めて2人がクリア出来ず、と、キャプテンだと自分がクリア出来ないし、パスの判断も遅いんだ。
須田亜香里は、大家がインフルエンザで休んだ第183、184回で代役をつとめたが、大家が居るからもういいかな。

2018/05/19 ()
『東海のイイとこみんな教えて! ロンブー淳のスマホ旅』 (05月12日(土)16:00〜17:00 東海TV)
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が、スマホ(ツイッター)の情報だけで旅する番組で、今回は愛知県春日井市

いちご大福 」(勝川大弘法通り商店街)
勝川大弘法 」(春日井市若草通)
紙芝居をしているたこ焼き屋さん 」(勝川駅近く)
鬼ヶ島公園 」(春日井市出川町、 その昔、泥地で作物が育たなかったため 「 鬼ヶ島 」 と呼ばれた。※諸説ある)
ライトニングファイヤー 」(落合公園近くの親子で営むラーメン店で、まぜそばが絶品)
ここで、 「 ミニ四駆ができる蕎麦屋 」 での大会開催を思いつき、ツイッターで参加者を募集。
トランポリンのある喫茶 」(春日井市六軒屋町)
松原中学校の校歌の最後の 「 ちゅう〜が〜っこ〜 」 の部分は 「 ウル〜ト〜ラ〜マ〜ン 」 と一緒 」 を確認。
ミニ四駆ができる蕎麦屋・与三郎 」(春日井市気噴町、平成28年に設置したコースはタミヤ公認)
  出場条件をクリアした12人が予選を争い、勝ち残った2人と淳(東京から自分のミニ四駆を持ってきた)で決勝。
  優勝賞品は、淳が事前に購入したサボテンサイダー10本 (2人ともあまり嬉しそうでは無い)
  決勝は、途中まで淳がリードしていたが、上り坂で浮いて(宙に舞って)コースアウト。
  淳 : いや、5代目(「与三郎」店主)のミニ四駆魂、しかと受け止めました。
この(自分の私物)マシーン、ここに置いていくんで、俺のマシンと勝負したいっていう人と戦わしてやってください。

2018/05/18 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (05月13日(日) 22:15〜22:45 BS日テレ)
第11シーズン第1戦 準決勝第2試合は、姫路麗、松永裕美、寺下智香、の対戦。
  姫路 : 237 ストライク7(ダブル、4連続)
  松永 : 194 ストライク6(ターキー×1)、オープン2(スプリット×1)
  寺下 : 218 ストライク6(ターキー×1)

松永は、ターキースタートだったが直後の4〜5フレで連続スプリットが出て、脱落。
寺下は、5フレでトップに立ったが、それも8フレまで。
姫路が、8〜10フレ二投目の4連続ストライクで最後に逆転した。
この結果、決勝の顔ぶれは、 岩見 、3年ぶり決勝進出の姫路、そしてワイルドカードの寺下と決まった。
  松永 : いや、良い感じの(ターキー)スタートだったのにねえ……バカみたい。
やっぱ2回スプリットが出てるから、まああの、厳しかったですね。
松永には、スプリット2回だけでなくミスまであったのに勝ってしまう岩見が理解できないんじゃないか?
「第3回次世代P★リーガー発掘プロジェクト」は、残る合格者の発表で、 「 両手投げ小沼姫、ビジュアル系プロ大仲純怜、高学歴プロボウラー伊藤愛 」 の合計6人が新規加入と決まった。
なお、前回 「 両手投げは2人とも最終選考に残っていた 」 と書いたが、同じタイプ2人は多いと思われたのか、合格したのは、年齢が若くて川崎グランドボウル(P★リーグの試合会場)スタッフの小沼だけだった。
<藤井六段>史上最年少で七段昇段 竜王戦連続昇級で (将棋)
四段から五段は1年以上かかったのに、今年2月にわずか16日で六段に昇段、さらに90日で七段か……。
さすがに八段となると、昇段条件が厳しいから、こんな調子にはいかないと思うが。
・ 竜王位1期獲得
・ 順位戦A級昇級 (現在C級1組だから、2年以上後)
・ 七段昇段後、公式戦190勝 (昨年度対局数トップの藤井が70局余だったから、全勝でも2年以上必要と思われる)
竜王位獲得だけは、このまま勝ち続けられれば今年中にクリアは可能だが、何と言っても相手が強豪揃いだ。
ところで、プロ棋士の中で最年少なのに、今回の昇段で新人王戦への参加資格が無くなってしまったんだな。
新人王戦参加条件 : 26歳以下、六段以下(タイトル戦経験者は除く)の棋士

2018/05/17 (木)
『タモリ倶楽部』 (05月12日(土)25:06〜25:37 メ〜テレ)
「京急創立120周年記念ツアー 後編」
毎度お馴染み、流浪の番組『タモリ倶楽部』でございます。 先週は京急創立120周年を記念し、幻の駅「新品川」に潜入。 すれ違い車両のビンゴで盛り上がり、通常はあり得ない特別ルートを通って大師線の京急川崎駅へ。 さらに、京急クイズでガチバトル。 そして今週は、前回同様元車掌の大久保さん案内のもと、オール鉄のメンバーで、京急の屋根無しバスに乗って架線ビューを楽しんだり、激レアの業務用車両にも乗っちゃいます。
ゲスト : 吉川正洋(ダーリンハニー)、土屋礼央(RAG FAIR)、市川紗椰、南田裕介、 大久保美里(京急電鉄広報部)

先週 に引き続き、京急120周年を記念した特別路線の鉄道ツアー企画。
二代目六郷橋駅跡(ホームらしい部分が少し残っているだけ)のあと、1500形(界磁チョッパ制御車)とすれ違ったが、
  南田 : 今日はこれ、達成しちゃうんじゃないですかぁこれぇ。 歴史的な日ですよこれ、パーフェクト達成!
  タモリ : 歴史的って、初めてやってるんだよこれ。 以前からあるわけでも無いよねえ。

さらに、 「 第1回ですからね、これ 」(吉川)、 「 最初で最後です 」(市川) と、南田への冷静なツッコミが続く。
産業道路駅で降車し、駅前の巨大踏切へ。
  タモリ : それを見せる為に降りたの?
  土屋 : どうしてもこれ、京急としてはここを見て戴きたかったという……。

川崎大師からはオープントップバスで路面電車時代の道を通り、京急川崎駅で「デト」(貨物電車)に乗車。
  大久保 : 私も2回ほど、乗務経験はしております。

1本しかない2000形とすれ違い、 800形で 「 京急車両ビンゴ 」 のパーフェクトを達成して、新町検車区(終点)に到着。
  大久保 : 本日は京急デトにご乗車頂きましてありがとうございました。 まもなく終点の新町検車区に到着いたします。
本日はありがとうございました。
に、全員が拍手をしておしまい……と思ったら、
  南田 : あっ、もう1個デトいるぞ!
  市川 : ホントだ〜。
  吉川 : (大久保のコメントで)一回しまったと思ったらまだ終われないよ終われない、全然終われない。

なお、ナレーションは前回と同様、冒頭は武田広で本編に入ったら増谷康紀だったから、分担になったと思われる。

2018/05/16 (水)
『探偵!ナイトスクープ』 (05月11日(金)24:26〜25:26 メ〜テレ)
人間には不可能? 「一軸正逆転」】 (澤部佑)
我が家の耕運機は「一軸正逆転」の優れもの。 あまりに素晴らしいその動きを一生懸命、腕や指など体を使って主人に伝えようとしたのだが全くできない。 果たして、一軸正逆転を体でスムーズに表現できる人はいるのだろうか 」 という依頼で、 「 30秒PRができる 」 を餌に京都の山奥に日本の農業機械3大メーカーを集め、PRをさせたあと本題に。
【井関】 伊丹(女性): 東京から来たのに……日帰りで……。
  両腕で表現して、依頼者(主婦)の採点は、85点。
  依頼者 : 残りの15点が出なかった所は、(腕の)ねじりがちょっと気になるな、と。

【ヤンマー】 中村(男性): 「一軸正逆」、入社したとき(12年前)から知ってたんですけど、体で表す日が来るとは。
  頭を回したがよくわからず、指先を合わせて人差し指を正逆転で、65点だが、隅に 「 (95) 」。
  澤部 : これ(95)は?
  依頼者 : (頭を回した動きが)もうめちゃくちゃ面白くて、夢に出てきそうなんで……刺激的で。
  澤部 : なるほど。 もう「一軸正逆」というよりか、ヤンマーの中村さんへの点数ということですね。

【クボタ】 松尾(男性)
  側転した直後に逆方向に横に転がり、15点。
  依頼者 : 同時に前回転後ろ回転をするという「一軸正逆」の良さを、ちょっと表現しきれていなかったかな〜という。
  松尾 :正論ですね。

【野々山】 最後に、真打ち(ナイトスクープパフォーマンス担当)登場。
  「 首を回し前に合わせた手を逆に回す 」 は、全員が爆笑する中、伊丹だけは気持ち悪そうな顔で口を開けて唖然呆然。
  さらに、目玉と舌を逆に回すという技も披露して、100点。
  依頼者 : 技術の高さに感動しました。
  澤部 : いや〜奥さんホントに、なんかこの番組でなんかの大会あったら、全部審査委員長は奥さんに任せたい。
何の大会でもおそらくねえ、審査委員長面(づら)できんですよ。
それにしても、いきなり見知らぬ人間が大勢押し掛けたのに、飼い犬が、特に警戒とか興奮をする様子も無く、それらの人々のそばをのんびりとうろついたり寝そべったりしているあたりがさすが田舎、と思った。

2018/05/15 (火)
『アメトーーク!』  (05月10日(木)23:15〜24:15 テレ朝系)
「(仮)バラシ芸人」 ※業界用語 仮押さえの仕事をキャンセルする事。
品川庄司・品川、麒麟・川島、ニッチェ近藤、FUJIWARA藤本、インパルス板倉、あばれる君、パンサー尾形 + 小島瑠璃子

【自己分析】
品川 : 人気者の押さえ要員  そもそも、(仮)の付いてないスケジュールなんて無いですから。
藤本 : 闇雲に押さえ芸人  記念受験みたいなもんです。
近藤 : コンビ押さえバラシ (仮の段階ではニッチェだが、呼ばれるのは江上だけ)
川島 : 都合の良い芸人 (どんな番組でも対応出来るからとりあえず仮押さえされる)
  宮迫 : コジルリもその感じ?
  小島 : 自分の話聞いてるのかと思いましたもん。

板倉 : 川島さんの代わり要員
  宮迫 : 板倉またホンで、相方色々あったからな。
  板倉 : そうなんですよ。 昨年のあれからですね、袴田さんとかぶったりとかする。
  川島 : お騒がせ枠。

尾形 : 類似芸人の押さえ要員  あばれる君、サンシャイン池崎、ジャンポケ斉藤、この3人が絶対出てくるんですよ。
あばれる君 : 暑苦しい男押さえ要員
【「(仮)バラシ芸人」を知る前に何人かのバラシの瞬間を隠し撮り】  (架空企画が別の誰かに代わったと告げる)
藤本や尾形はグチが続き、近藤は悔しそうだったが、品川は 「 俺1人だったら千鳥2人の方が良いでしょう 」 と冷静で、『くりぃむナンチャラ』の「山本昌選手権」での、いとうあさこの対応を思い出した。
【「(仮)バラシ芸人」をバラされたら?】  (今回は「立ちトーク(仮)」という企画名で押さえていた)
  蛍原 : 実はですねえ、本日のこの 「 (仮)バラシ芸人 」 企画、バラされた人がいます。
  宮迫 : 「 (仮)バラシ芸人バラされ芸人 」 がいるんですよ。

ということで直接本人に電話したのだが、バラされたのはフルポン村上で、あばれる君の枠だった。

2018/05/14 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (05月09日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
広島県の欲望その一 No.1キャバ嬢の顔をガンガン見て飯尾No.1を決めたい!
さすがに、有吉たちも飽きてきたようで、
  マツコ : 絶対いると思うのよ、あのNo.1の横にいつもいる、口の立つ女が。
  有吉 : 派手な。 「 おいゴジラ〜ぁ! 」 なんて呼ばれてるのね。 「 なによ〜! 」 みたいな。
そういう人ちょっと見せて欲しい。 もう、No.1は大体わかったわ。
  マツコ : ゴジラ探しをして欲しいわね。
広島県の欲望その三 広島ミュージシャンをどんどん見てランキングを作りたい!
1位は西城秀樹だったが、
  マツコ : 広島でさあ、1番スターって言ったら誰なの?
  有吉 : 昔から言うとやっぱりでも…永ちゃんになってくるんだよね〜。 いろんな意味でね、一番アクが強いから。
秀樹さんか永ちゃんか吉川さんか……難しいねここは。 誰というのも怖いねぇ〜。
  マツコ : それだとね、千葉は楽なんですよ。 もう長嶋茂雄っていうねえ、わかりやすい人がいるんで。
これはもう、異論を誰も挟まないのね。
でもだから(広島は)人材豊富よね、(千葉は)長島の次日蓮だからね、もうだいぶ遡んないといないんだから。
  有吉 : 日蓮超えてんだやっぱり長島さんは。 すげ〜なぁ〜。

2018/05/13 ()
『くりぃむクイズ ミラクル9 』  第193回 「家族対決SP」 (05月09日(水)20:00〜20:54 メ〜テレ)
【有田ナイン】 有田哲平、阿部桃子、大木優紀、高橋真麻、元木大介、具志堅用高、斎藤司、高橋茂雄、宮崎美子、 【英樹ナイン】 高橋英樹、阿部祐二、大神いずみ、ビビる大木、えなりかずき、大家志津香、カズレーザー、小林豊(BOYS AND MEN)、吉村崇、

居酒屋はしごクイズ 」 は「6-4」で、「10-0」。
1 vs 1 偉人早押しクイズ 」 は宮崎と真麻が残って、「30-10」。
年の差キーワードクイズ 」 も「2-1」で、「50-10」。
自分イケますけど! 」 は挑戦者数「1-9」正解者数「0-3」で、「40-マイナス20」。
外国人旅行者が日本で最も期待していること 温泉に入る 買い物 日本食を食べる 」(日本食)
大木優紀と英樹ナイン全員が挑戦したが、正解したのは大家、大神、カズだけ。
60秒早抜け100万円クイズ 」 は、阿部桃子と具志堅が残った。
パス5、宮崎10、茂雄2、斎藤5、優紀5、パス7、パス4、有田4、真麻3、パス9、元木2、桃子不正解時間切れ。
有田ナインが 「 自分イケますけど! 」 に挑戦しないことに文句を付けてきたが、全員挑戦したゲストナインの正解者数が前々回は2人、 前回 は5人、そして今回は3人だったから、有田の判断が正しいことになる。
ただ、特に今回のようなアンケート問題だと知識だけでは正解に辿り着けないから、逆転が難しいんだよな。

2018/05/12 ()
『 HEROES 〜あの夏、僕らは白球を追いかけた〜』 (05月06日(日) 19:00〜20:30 三重テレビ)
『 HEROES 〜あの夏、僕らは白球を追いかけた〜』  第100回 全国高等学校野球選手権 記念 三重大会 特別番組
高校野球解説者 : 矢野豊(元・宇治山田商業高校野球部監督)、柴原高雄(元・三重県高野連理事長)
三重テレビアナウンサー : 山田享司、平田雅輝、中久木大力(進行)、若林希(メール紹介)

三重テレビに残る夏の高校野球三重大会決勝戦を中心に 視聴者の皆様から募集した「思い出の名勝負」を紹介!
と言いながら、まずはまだ三重テレビが存在しない四日市高校(1955年初出場初優勝)から始まる。
当然、映像など無いから、フィルム映像にラジオ(多分NHK)の実況音声を重ねたものを使ったのだが、山田の 「 県大会が雨で順延順延となり、決勝を行わず津高校と四日市高校が三岐大会に出場、四日市が三岐大会で優勝した勢いに乗って甲子園でも優勝。 帰ってから県大会の決勝を行うのかと思ったら、津高校から 「 今更もう、四日市高校が(全国)優勝して、県大会の決勝戦をやる必要ないんじゃないですか? 」 というような申し入れがあり、津高校の棄権という形で県大会の優勝校が決まった 」(大意) という話は初めて聞いた。
で、矢野の 「 当時の三重県勢はね、この三岐大会の壁を突破するのが大変だったですね 」 から 「 1974年三岐大会が終了、翌年から一県一代表制 」 が紹介され、中久木の 「 三重テレビでは、この1975年から1回戦から決勝戦までのフル中継を開始しました 」 に、山田が 「 (当時は1日4試合が多かったが、三重テレビは) アナウンサー2人でしたもので、1日2試合を実況担当したという経験がありました 」 、そして矢野も 「 僕は、1日に2試合の解説を何回も経験してしましたですねえ 」。
私は、UHF局の三重テレビが放送を開始した比較的早い時期から見ており、特に初期はアナウンサーだけでなくカメラマンもレベルが低かったからあまり期待せず録画予約したのだが、見てみたら、特にこのあたりの話は面白かったな。
その後、昨年の大会までの試合がいくつか紹介されたのだが、気になったことが。
第81回(1999年) 三重大会決勝 「 四日市工 4x - 3 海星
「0-3」から、9回裏に3連打で「2-3」とし、さらに走者が出て 「 ワンナウト満塁となおも四日市工業のチャンスが続きます 」(ナレ) から中犠飛で同点に追いついたあと、次打者の死球で 「 なおもワンナウト満塁 」(ナレ) ってヲイヲイ。
改めて見直すまでもなく、次打者の犠飛でサヨナラだから、最初のは「無死満塁」だ。
そして、次打者のフェンス近くに達する左犠飛でサヨナラとなったのだが、このとき、タッチアップした三塁走者が一瞬止まった(何かに気付いて一瞬三塁に戻ろうとしたように見えた)のは、何故なんだろう。
そのため、悠々セーフのはずが、左翼から本塁への返球がもう少し低かったら本塁タッチアウトというタイミングになっていた。

2018/05/11 (金)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (05月06日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第11シーズン第1戦 準決勝 第1試合は、久保田彩花、岩見彩乃、小林よしみ、の対戦。
  久保田 : 209 ストライク5(4連続)、オープン1(スプリット)
  岩見 : 219 ストライク8(ダブル、6連続)、オープン3(スプリット×2、ミス)
  小林 : 204 ストライク4(ダブル×1)

岩見は、いきなりスプリット、2フレはGBUを失敗、3〜4フレのダブルで持ち直したかと思ったら、5フレにまたもスプリット。
久保田は、2フレにスプリットを出した上に5フレまでストライクがひとつ。
小林は、5フレまでストライクはひとつだったもののノーミスで、5フレの時点で 「 久保田:83、岩見:72、小林:98 」 とリード。
ところが小林は、最後までノーミスだったがダブルが1回だけなので200アップがやっと。
久保田も、4連続ストライク(7〜10フレ1投目)で小林を逆転したが、そこまで。
そんな2人を横目に、岩見は6連続ストライク(6〜10フレ2投目)で、最後の最後に一気に2人を抜き去ってしまうんだ。
10フレ3投目を除けば 「 ストライクにならなければオープン 」 というあたりも、いかにも岩見らしかった。
  小林 : 二人があんなにバ〜って(ストライクが)くるとは思わなかったんで、
途中様子を見て、ボールを変えようかと一瞬思ったんですけど、 「 いや我慢だなこれは 」 と思ったらダメでした。
もうホンっトにイライラしますね、自分に。
  久保田 : のいちゃん(岩見プロ)は、1フレ2フレミスしたので、終了かなと思っていたんですけど……、
いやもう絶対(小林)よしみさんとの戦いやな〜と思っていたのに、やっぱりのいちゃんスゴイな〜と思いましたね。
  岩見 : 最初から割れて(スプリット)、GBUも失敗して、なんかすごい悪いスタートだったんですけど、
やっぱりレーンが難しいなって思ったんで、最後までチャンスがあるって思って、もう、一生懸命投げました。
もっとも小林は、ゲーム開始直前の、
  ナレ : (久保田は)お気に入りの猫ユニフォームでの参戦だが、奇しくも対戦相手の岩見も猫モチーフ。
  久保田 : なんか、かわいい猫(岩見)もいいんですけど、こっちの落ち着いた猫も頑張れるように……。

を他人事として聞き流していたら、
  岩見 : 猫耳持ってるから、(3人でおそろいになるように)つけます?
  小林 : あたしぃ!?

と岩見に引きずり込まれて、ゲームへの集中を乱された可能性も否定できないのだが。
「第3回次世代P★リーガー発掘プロジェクト」は合格者発表で、 「 現役アイドル熊本美和、アマチュアの実力者・岡田友貴、パフォーマンスが光った岩淵萌香 」 で一息入れたから 「 両手投げはどうした! 」 と思ったら 「 まだまだ続く合格発表 」。
なお、 前回 両手投げは1人残り 」 と書いたが、以前の回で名前を確認したら、もう1人の方も最終選考に残っていた。

2018/05/10 (木)
<時代劇> 『鬼平犯科帳'81』 (萬屋錦之介版、火曜 19:00〜19:55 BSフジ)
用心棒 」  05/08(火) 第2シリーズ 第26話
これが第2シリーズの最終回だから、録画一覧を開いたとき 「 終了 」 メッセージが出るのはわかるのだが、気になるのは、来週火曜は17時からの『鬼平犯科帳スペシャル 殿さま栄五郎』が録画予約されていること。
来週は、『鬼平』のレギュラー放送が無くて、2時間前にこれが放送されるから、放送時間の変更に対応する機能が働いてこちらが録画予約されたのだろうとは思うのだが、本当に1時間25分録画されるのか、イマイチ自信が無いんだよな。
それにしても、なぜ第3シリーズを放送してくれないんだろう。
第3シリーズのヨロキンは、力が抜けて良い感じの芝居になっている、という評判を聞いていたから、見たかったのだが。
なにより、 楽しみにしていた 本門寺暮色 」(第3シリーズ第25話) が見られそうに無いのが残念だ。
ちなみに、 「 来週は18:30から「雲霧仁左衛門」をお送りします 」。

2018/05/09 (水)
『タモリ倶楽部』 (05月05日(土)25:06〜25:37 メ〜テレ)
「京急創立120周年記念 幻の新品川から出発進行!」
今回は、京急の120周年記念ツアー。 メモリアルイヤーの今しか乗れない限定車や、激レアな業務用車両にも乗車。 あり得ないルートも走行し一同大興奮。 そして、京急に品川とつく駅は品川と北品川しかないはずですが、鉄道ファン垂涎の新品川駅にも潜入。
ゲスト : 吉川正洋(ダーリンハニー)、土屋礼央(RAG FAIR)、市川紗椰、南田裕介
京急電鉄 : 大久保美里(広報部)、飯島学(総務部)

新品川駅から貸切列車(600形)で出発、道中は南田提案の 「 京急車両ビンゴ 」 を楽しむことになったのだが、
  大久保 : 2000形とかは、すれ違うのが激レアですねえ。
  吉川 : だって、現時点で1本でしょ?  放映の時にはこれ引退しちゃってるんですよもう。
  南田 : あとねえ、これ(1500形)がねぇ難しいんですよ。 界磁チョッパ制御車とVVVF。
  土屋 : これ、だって、(制御方式だけで)そう違いがわかるもんなの?
  市川 : 耳を澄ますんです。(音で判断する)

ということで、まず、特等席の前面展望4席をかけ5人でじゃんけん、1回目で市川の負けが決まったが、南田が譲った。
新品川駅を出発し、1500形(VVVF制御車)、新1000形(1800番台)、新1000形(アルミ車)、新1000形(ステンレス車)とすれ違ったあと、通常はあり得ないルートを通って、京急川崎駅の京急大師線ホームへ。
京急120年の歩み号 」 に乗り換え、発車待ちの間に京急・飯島進行によるクイズ。
1問目は市川、2問目は吉川が正解して、京急創立120周年記念グッズを獲得。
・・・というところで、次回に続く。
ところで、 前回 ナレーターが途中交代 」 と書いたが、冒頭のナレーションは武田広で、本編に入ったら増谷康紀に。
って事は、タイトル部分はそれ以前に収録していたのか、それとも、タイトルと本編で役割を分担しているのだろうか……。

2018/05/08 (火)
『おしろツアーズ6 〜絶対行きたくなる!おもしろ名城旅〜』 (05月06日(日)14:00〜15:25 BSフジ)
2016年の大晦日に東海TVで 「 熊本城・名古屋城・松本城 」 の回が再放送されたとき 「 他の回を再放送してもらいたかったとは思う 」 と書いたが、この『おしろツアーズ6』も、2015年6月21日(日)の本放送のあと今年02月18日(日)にBSフジで放送されており、BSフジでさえ再放送になるから、もっと他の回を見たかった。
居間の3台目DIGA(レコーダー) 予約録画されず
毎週月曜早朝の『鬼平犯科帳傑作選』が、先月と同様、3台目DIGAは 「 録画済 」 となっているのに録画されておらず、自室の4台目DIGAも、録画はされていたものの、テストパターンが13秒間映っていただけなのに 「 録画済 」。
この東海TVの『鬼平犯科帳傑作選』は、しばらく再放送が休みだからどちらにせよ問題は無いのだが、前回も書いたように、 「 録画済 」 となっているのに実際には録画されてない、その理由が判らないのが気になるんだよな。

2018/05/07 (月)
『マツコ&有吉 かりそめ天国』 (05月02日(水) 23:15〜24:15 テレ朝系)
欲望その二 ハリウッド映画のエンドロールにのる日本人がどんな人か知りたい
・ フォーリーアーティスト Foley Artist
映画やテレビの効果音の一種、映画のシーンにあった最高の音を作り出す
吹き替えで台詞を消すと台詞にかぶった効果音まで消えてしまうから作り直している

以前から、吹き替え版を観る度にその部分が気になっていたが、吹き替え版のために新たに作り直していたとは。
・ デジタルアーティスト Digital Artist
キャラクターとかではなくて,環境を作る仕事
まだCGが主流ではない時代は、セットで用意できない背景ワンカットのために巨大油絵を描いた

要するに「書き割り」だが、今どきはその絵の中に画像処理で人物を入れ込むから、要求されるレベルが高そうだ。
実際に使用された巨大油絵が出てきたが、少なくともテレビ画面では、十分ホンモノに見えたもんなあ。

2018/05/06 ()
『くりぃむクイズ ミラクル9 』  第192回 「2時間SP」 (05月02日(水)19:00〜20:54 メ〜テレ)
【アーティストナイン】 有田哲平、阿部亮平(ジャニーズJr.)、小田井涼平(純烈)、小柳ルミ子、具志堅用高、斎藤司、高橋茂雄、ヒャダイン、宮崎美子、 【アスリートナイン】 古田敦也、市川美余(元カー娘)、藤森由香(スノボ)、無良崇人(フィギュア)、えなりかずき、大家志津香、カズレーザー、武井壮、吉村崇、

昭和の写真クイズ 」 は古田ナインの連勝で、「0-20」。
1 vs 1 義務教育クイズ 」 は、最後にヒャダインがえなりを倒して、「20-20」。
新 「 よく聞く言葉 漢字で書くと 3択 」 は、有田、武井、古田、カズ、が残って、「25-35」。
身近な言葉なのに漢字が思い浮かばないクイズを6問出題 間違えたら脱落 残り人数×5ポイント
「いきなり」飛び出した (行き成り)、「うってつけ」の場所 (打って付け)、「おやつ」を食べる (お八つ)、夏の風物詩の「かき氷」 (欠氷)、「にっちもさっちも」行かない (二進も三進も)、「たか」をくくる (高)
クロスワードクイズ 」 は「5-2」、「4-3」で、「70-60」
難問 言葉穴埋め 」 も有田ナインがとって、「90-60」。
藤森、無良、小柳、カズ、古田、宮崎、市川、えなり、の順に脱落、阿部、有田、ヒャダイン、小田井、が残った
早押しミックス 」(1ビンゴで終了) は古田ナインがとって、「90-70」。
自分イケますけど! 」 は「0−9」が挑戦「0−5」が正解で、「90-80」。
世界初のジグソーパズル(1760年頃に作製) 手紙 肖像画 地図 」(地図)
レギュラー5人(えなり、大家、武井、吉村、カズ)が正解、アスリート4人(古田、市川、無良、藤森)が間違った。
60秒早抜け100万円クイズ 」 は、3人(具志堅、小柳、小田井)残して時間切れ。
阿部3、ヒャダイン5、有田14、パス6、斎藤4、宮崎3、パス3、高橋3、パス5、パス4、パス3、具志堅正解するも時間切れ。
自分イケますけど! 」 は、今週もゲストナインは全員挑戦したのに有田ナインはゼロ。
いいかげんにしろよ!

2018/05/05 () (こどもの日)
<時代劇> 『鬼平犯科帳'81』 (萬屋錦之介版、火曜 19:00〜19:55 BSフジ)
密偵たちの宴 」  05/01(火) 第2シリーズ 第25話
吉右衛門版の時書いたようにこの話が一番好きだから、楽しみにしていた。
話の筋は、もちろん丹波哲郎版や吉右衛門版と同様で、最後の密偵たちのセリフは、吉右衛門版とほぼ同じだった。
なお、五郎蔵の最後のセリフは 「 酒だ酒だ! 酒屋ごと引っ担いで持って来やがれってんだ 」。
吉右衛門版を見た時 「 酒だ酒だ! 酒屋ごと引っこ抜いて持って来やがれ! 」 と書いたのは、聞き間違いか?
なお、その後やけ酒になるのだが、吉右衛門版の暗く沈んだ雰囲気ではなく、みんなで笑いながら酒を飲んでいた。
血闘 」 の時 「 血を流している平蔵や負傷している彦十を気遣う前に、馬に蹴られたからと彦十をみんなで笑いものにするんだ 」 と書いたが、この回を見ると、錦之介版はお気楽な昔の時代劇の作りにしているのかも…と思えてきた。
残る楽しみは、中村嘉葎雄演じる「凄い奴」と兄弟で立ち回りを演じる 「 本門寺暮色 」(第3シリーズ第25話) だが、ここまでの52話に1年以上かかったから、見られるのは半年以上先になりそうだ。

2018/05/04 (金) (みどりの日)
デジタルメモ 「 ポメラ DM200ブラック 」 (キングジム)
『P☆LEAGUE』を見ながらメモ書きしていたとき、一旦保存して改めて読み出したら文字化けで全く読めない。
そういえば…と以前も同様の状態を経験していたことを思いだして記憶を辿ったら、それも『P☆LEAGUE』のメモ書きで、その時はたまたま何かの拍子におかしくなったのだろうと問題を棚上げしていたのだった。
ところが今回は、前日に書いたのが文字化けしていたので改めて書き直して保存したら、それも文字化け。
その文字化けしたファイルも、パソコンにコピーすればどのワープロソフトでも問題なく開けるのだが、ポメラで読めないとメモ書きの追加ができないので、仕方なく文字化けする要因を調べてみた。
と言っても、 「 少し書いて保存 → 読み出し 」 を繰り返しただけだが、 「 詩緒里 」 で文字化けが発生することが判った。
そこで色々試してみたところ、 「」 単体とかその時思いついた熟語や 「 文緒 」 は問題ないのに 「」 はダメ。
この時点でようやく、もしかしてポメラに単語登録された人名に問題があるのかも…と思いつき、ダメ元で 「 詩緒里 」 を改めて単語登録してみたところ文字化けはしなくなったので、これで問題は解決、という事にした。

2018/05/03 (木) (憲法記念日)
『ボウリング革命 P☆LEAGUE』 (04月29日(日) 22:00〜22:30 BS日テレ)
第11シーズン第1戦(第73戦) 1回戦 Fグループは、大嶋有香、寺下智香、坂本詩緒里、の対戦。
  大嶋 : 197 ストライク4(4連続)、オープン2(スプリット×2)
  寺下 : 200 ストライク4(ダブル×1)
  坂本 : 176 ストライク3(ダブル)、オープン3(スプリット×3)

大嶋は、いきなり1フレ、3フレと同じスプリット(2,4,6,10で2,4だけ)。
その分は4フレからの4連続ストライクで取り戻したのだが、寺下にはわずかに及ばず。
坂本は、ストライク数は最少、オープン数は最多で、最下位。
冒頭、 「 2017年JPBAランキング 」 (1位松永裕美、2位姫路麗、3位寺下智香)を紹介したとき、解説の丸山高史プロが、
  解説 : もしこの1回戦を突破しますと、準決勝がこの3人ってことですか、第2試合?  うわ〜〜! 豪華ですねえ。

と言っていたが、準決勝第2試合はその組合せとなった。
「第3回次世代P★リーガー発掘プロジェクト」は、最終選考に残る12人が発表されたが、Bグループの時の 「 両手投げ2人のうちのどちらかは合格するんだろうな 」 という予想通り両手投げは1人残り、岩見のバッタモンみたいな2人は落選した。
ところで、「発掘プロジェクト」告知ポスターには過去の合格者6人の写真が使われていたが、手前から 「 坂本詩緒里、鶴井亜南、寺下智香(以上2期)、安藤瞳、岩見彩乃、遠藤未菜(以上1期) 」 と並べたのは、顔の順か?

2018/05/02 (水)
『タモリ倶楽部』 (04月28日(土)25:06〜25:36 メ〜テレ)
「潜入!DeAGOSTINI あの未完の大作を本日大公開!」
今回は、 「 ♪ デアゴスティ〜ニ 」 こちらのCMでお馴染みの会社、デアゴスティーニに潜入。 現在デロリアンを製作中、GLAYのギタリストHISASHIもタモリ倶楽部に初参戦。 知ってるようで意外と知らない、あの雑誌に隠された驚きの秘密が次々と明らかに。 さらに、途中で終わってしまった未完の大作をテレビ初公開。 幻の組み立てにも挑みます。
ゲスト : HISASHI(GLAY)、ケンドーコバヤシ、野上慎平(テレ朝アナウンサー)
デアゴスティーニ : 長谷川慎一郎(メディア&プロモーション)、鎌田奈那美(マーケティング部)

デアゴスティーニに簡単に触れたあと、現在展開している5つのカテゴリーを紹介。
・ マルチメディア (レコード CD DVDが付録のシリーズ ジャズ、古寺・仏像、etc)
  最も売れたシリーズ : 隔週刊「クラシック・コレクション」 創刊号の「チャイコフスキー」は180万部を販売した
・ クラフト (パッチワークや工芸の材料や道具が付録 パッチワーク、バッグ、etc)
  最も売れたシリーズ : 隔週刊『ニードルフェルトでねこあつめ』
  ニードルフェルトは、 「 ピンマイクの送信機をオシャレにして 」(2013年2月放送) の回で光浦が披露していたな。
・ コレクション (フィギュアや完成品の模型 ライターなど 自衛隊機、ジッポー、etc)
  最も売れたシリーズ : 隔週刊「地球の鉱物コレクション」 創刊号のアメシストは43万部の大ヒット
・ マガジン (付録はつかない雑誌だけのシリーズ 戦国武将、名車、etc)
  最も売れたシリーズ : 週刊「歴史のミステリー」 創刊号は120万部
  ケンコバが集めていた : 週刊「ガンダム パーフェクト・ファイル」 2011年から2015年まで全181号
  ケンコバ : 毎週ワクワクしてたんですけど、いつしか、本屋に行く足が重たくなってきましたね。

・ ビルドアップ (毎号パーツが付録で組み立てるシリーズ 帆船、鉄道、etc)
  最も売れたシリーズ : 週刊「マイ・ドールズ・ハウス」 ビクトリア様式のお洒落なドールハウスがつくれる
  HISASHIのデロリアンが披露されたが、現在50号(全130号)なので、シャーシ+エンジン+タイヤだけ。
ビルドアップシリーズ 完成品の展示室へ移動。
みんなは帆船(HMSビクトリー)に食いついていたが、私が注目したのはもちろん入口すぐ横においてあった零戦で、完成品を見たら「作りたかった」という思いがよみがえってきたのだが、展示品でさえアップになったら外板に隙間があるのとつなぎ目が反っているのがハッキリ見えたくらいだから、私ならもっと酷い出来上がりだったろうな。
さらに、 「 未完のまま終わったビルドアップシリーズ 」 として、「紫電改」(6号)と「西洋時計」(5号)を紹介。
  野上 : こういう未完のものがあるっていうことを、テレビで言うっていうのは?
  長谷川 : 初めてですね。 ホントは出しちゃあかんヤツなんですよ。

最後は、 「 幻の未完成作品 週刊『西洋時計をつくる』
  各号を5人で分担して組み立てたのだが、部品点数が少ないからアッと言う間に完成。
  野上 : 未完成品の、完成ってことになりますね。
  HISASHI : みんな、こんな気持ちになったんですかねえ。

私は、以前 『 週刊 零戦をつくる 』 で少し調べたことがあって多少は知識を持っているだけに、面白かった。
ところで、冒頭の内容紹介はいつもの武田広氏だったのに、本編に入ったらナレーションの声が変わったので 「 あれっ? 」 と思っていたら、 「 途中交代 」 というニュースが……。
以前から声の衰えが気になってはいたのだが、ず〜っと武田広氏だっただけに、昔からのファンとしては寂しい限りだ。

2018/05/01 (火)
『ぐっさん家 〜 THE GOODSUN HOUSE 〜』 (04月28日(土)18:30〜19:00 東海TV)
気になるぐっさん家 」 のコーナーで、明石家さんまからプレゼントされたスタッフジャンパーが紹介された。
正月SPで、射撃場で勝負した時、さんまが負けたらスタッフジャンパーをプレゼント、という約束をしていた。
ちなみに、横の貼紙に書かれた文字は 「 Lサイズ 16 XLサイズ 8 」(多分枚数) と読める。
なお、今回は 「 伏見地下街を歩く旅 」 だったが、内容はいつもと大差無い。
『ぐっさん家 傑作選』 (04月29日(日)13:55〜14:30 東海TV)
内容はともかくとして、居間のDIGAには録画されていたのに、自室のDIGAは別番組が録画されていたのはなぜだ?
昨年02月04日に放送した 「 泉だけを旅するシリーズ 」 の再放送で、オレンジ(ローカルタレント)泉の名前にちなんで泉と名古屋市東区泉を巡る旅シリーズ、一丁目から三丁目まで終わったので一丁目に戻った。